[建設転職ナビ]施工管理・設計など建設技術職専門の求人転職サイト

建設転職ナビ
Powered by ヒューマンタッチ

0120-91-7565

通話無料 : 受付時間(月〜金 9:00~21:00)

簡単60秒 建設転職ナビ無料会員登録

建設ICT  Picks!

建設業界×ICT技術の活用事例を建設転職ナビが独自にレポート!

建設転職ナビの建設ICT Picks!とは?

建設技術者の減少が進み、建設業での労働力不足が深刻化してきております。
現在、建設生産システム全体の生産性向上を図り、今までよりもっと魅力ある建設現場を目指す取組であるi-Construction、その中の3つの柱の1つである「ICT技術の全面的な活用」が建設業界に広がっております。
建設転職ナビでは、ICT技術を活用されている建設関連企業様へ取材をさせていただき、各企業様が開発・活用されているICT関連技術や活用導入事例を紹介いたします。
建設ICTの情報収集の場としてぜひご活用ください。

i-constractionとは?

特集一覧

国土交通省が進めるi-Constructionとは?

国土交通省は、平成28年を「生産性革命元年」と位置付け、建設現場において測量・施工・検査等の全プロセスでICTの活用を行うことにより生産性向上をめざす「i-construction」導入を表明しました。
トンネル工事などでは、約50年間で生産性を最大10倍に向上している一方、土工やコンクリート工では、生産性の改善余地が残っており、ICTや3次元データの活用等によって、プロセス全体を最適化し生産性の向上や魅力ある建設現場の実現を目指しております。

生産性向上のための取組事項

①ICT技術の全面的な活用(土工)
「ドローン等による3次元測量の活用」「3次元測量データによる設計・施工計画」「ICT建設機械による施工」「検査の省力化」
②規格の標準化(コンクリート工)
「効率的な工法による省力化、工期短縮(施工)」
③施工時期の平準化
「閑散期・繁盛期の解消による機材の効率的な活用と労働環境の改善」
参照元:国土交通省「i-Construction〜建設現場の生産性向上の取り組みについて〜」
※i-Constructionの要領関係などの最新情報は、以下国土交通省ページよりご確認いただけます。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/constplan/sosei_constplan_tk_000031.html
※「i-Construction」は国土技術政策総合研究所の登録商標です。

i-Constructionが目指すもの

生産性を向上させることにより建設業界を魅力ある業界へ!!

  • 一人一人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善
  • 建設現場に携わる人の賃金の水準の向上を図るなど、魅力ある建設現場へ
  • 建設現場での死亡事故をゼロに
  • 「きつい、危険、きたない」から「給与、休暇、希望」を目指して

協賛一覧

  • Tripod トライポッドワークス