建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
キャリア

【待遇改善】ついに運用開始!建設キャリアアップシステム(CCUS)は建設パーソンの福音となるか!?

【待遇改善】ついに運用開始!建設キャリアアップシステム(CCUS)は建設パーソンの福音となるか!?

2019年4月より本運用が開始された「建設キャリアアップシステム(CCUS)」。建設業界の明るい未来のために導入されたシステムである。しかし建設業界で働く技能者ですら、まだこのシステムの内容をあまり知らないという。あらためてこの建設キャリアアップシステムの仕組みやメリット、そして課題を考えてみたい。

建設キャリアアップシステムとは?

技能者の高齢化や若者の減少などの課題に対し、優秀な技能者を確保・育成していく必要があった。この問題を解決すべく誕生したのが建設キャリアアップシステムだ。2019年4月より本格的に全国で運用が開始された同システムは、業界統一のルールを設け、技能者の就業履歴や保有資格などの情報をICカードに蓄積する仕組みである。国土交通省が主導して建設業振興基金が構築・運営し、約140社が加盟する日本建設業連合会が連携している。

これまで、技能者のスキルに対する評価は企業により異なっていた。今後は業界統一のルールに基づいて管理されるため、技能者は自身のスキルや経験によって正当に評価されることになる。つまり、待遇改善も期待できるのだ。

建設技能者志望の若者を増やし、将来の建設現場を担う人材を確保しようというキャリアアップシステム。登録者は運用開始1年後に約100万人、運用開始5年後に全技能者の登録完了を目標としているという。

システムの仕組み

厚生労働省「建設キャリアアップシステムの状況について」から引用

①技能者の情報登録

  • 事業者情報:商号、所在地、建設業許可情報 等
  • 技術者情報:本人情報、保有資格、社会保険加入状況 等
  • 現場情報:現場名、工事の内容 等

②ICカードの交付・現場での読み取り

③就業履歴・保有資格の蓄積

④「経験の見える化」

⑤待遇改善?

仕組みを技能者目線で解説しよう。まずは、当然ながら技能者の情報登録が必要になる。技能者(事業者も同様)は申請用紙を窓口や業界団体等を通じて受け取り、インターネット申請や郵送、窓口のいずれかから建設キャリアアップシステムへの登録を行う。

技能者の場合は運転免許証などの本人確認書類、事業者の場合は建設業許可通知書などの証明書類が申請時に必要となる。登録・審査が完了すると、技能者の顔写真付きのICカードが指定した住所に郵送される(本人確認書類を提出しない場合、申請方法は窓口申請のみ)。運営者の建設業振興基金は社会保険などの情報を適切に登録するため、事業者による代行申請をすすめている。

登録後、交付されたICカードを各現場に入場する際に、カードリーダーにかざす。こうして技能者の就業履歴や保有資格、社会保険の加入状況がシステム上で確認可能となる。登録された情報を基にして、技能者の待遇改善が可能になる環境が整うのだ。

ただし、建設キャリアアップシステムの登録・利用は無料ではない。技能者の初期登録料はインターネットからの登録は2,500円、郵送・窓口の登録は3,500円。ICカードの再発行には約1,000円がかかる。

事業者の初期登録料についても負担がかかる。一人親方ならば無料だが、資本金が500万円未満の企業なら3,000円、資本金が500億円以上の企業だと120万円かかる。さらにカードリーダー導入費用(数千円~数万円程度)、管理者ID利用料としてひとつのIDに対し年間400円、現場利用料として履歴1回あたりで3円の料金が発生する。

紹介動画もご覧いただきたい。

1
2
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ