建設の匠
メニュー
メニュー閉じる
キャリア

【緊急事態宣言発令】コロナ・ショックによる「テレワーク」は建設業界に真の働き方改革を起こす!?

【緊急事態宣言発令】コロナ・ショックによる「テレワーク」は建設業界に真の働き方改革を起こす!?

2020年4月7日、ついに「緊急事態宣言」が発令された。新型コロナウイルス感染拡大防止のためこれまでも企業のテレワーク導入が推奨されてきたが、これを機会に、さらに数多くの企業がテレワーク導入へと踏みきるだろう。

では、「テレワークは難しい」と思われる建設業界ではどこまで普及するのだろうか?

新型コロナウイルス対策はもちろん、昨今界隈で叫ばれていた働き方改革の実現のためにも、テレワークは有効に思えるが、はたして……?

そもそも「テレワーク」とはなにか?

日本テレワーク協会によると、「テレワーク」とは「tele(遠い)」と「work(働く)」を掛け合わせた造語である。情報通信技術(ICT)を活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を指している。

従業員は通勤時間を短縮できる、満員電車に乗らなくて済むなど通勤による負担を軽減できるほか、ライフスタイルに合った働き方ができる。企業側にも、オフィス維持にかかるコストを削減できるなどのメリットがある。

一方で、「オフィス以外の場所だとどうも仕事がはかどらない」「セキュリティ対策がさらに必要になって……」などのネガティブな声があることも事実だ。

近年は「働き方改革」の一環として、テレワーク導入を検討・実施する企業が増えていた。コロナ・ショックを機に、テレワーク導入率は右肩上がりになると予想される。

ちなみにテレワークの形態は「在宅勤務」と「モバイル勤務」、「サテライトオフィス勤務」の3つがある。

①在宅勤務:自宅で仕事をする勤務形態

②モバイル勤務:外出先や移動中、カフェなどでパソコンや携帯電話を用いて仕事をする勤務形態

③サテライトオフィス勤務:勤務先以外の遠隔勤務用の施設(サテライトオフィス)で仕事をする勤務形態。施設は専用サテライトオフィス、数社の共同サテライトオフィス、レンタルオフィスなど

緊急事態宣言が出されて外出自粛を求められている現時点では、①「在宅勤務」のみとなるだろう。

1
2
3
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ