建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
タテコレ
1/10
  • 夜の闇に浮かぶ宇宙船のようなフジテレビFCGビル。
  • お台場のビル群の中でひときわ存在感を放つフジテレビFCGビル。

フジテレビFCGビル・コレクション【夜景】

東京・お台場において、全国的にもっとも有名なビルと言っても過言ではないのがフジテレビFCGビル。格子状の構造体と、それと対照的な球体を組み合わせるという斬新な構成は、一度見たら忘れられないアピアランスだ。

最大の個性である直径32mの球体は、“はちたま”と呼ばれる球体展望台となっている。鈍い輝きを放つ外装パネルはチタン製で、金属加工メーカーの菊川工業が施工を担当した。湾岸地域でも腐食の心配がなく、軽くて丈夫なチタンが選ばれた。

しかし、チタンは高価な建材で、加工も難しい。長い歴史を持つ菊川工業としても2例目というぐらいノウハウがなかったそうだが、当時としては先進的な3次元CADで制作し、苦心の末に3200枚の板厚0.8㎜のパネルを貼り付けた。表面はダル仕上げで、7階の空中庭園で作業を行ったのち、鹿島建設によって半日以上かけて25階までジャッキアップされたという。

内装に目を向けると、720枚のR付き格子天井パネルは、50㎜のハニカムを1.0㎜のアルミ材でサンドイッチしている。同ビルのどの場所でも放送が成立するよう、展望台ながら音を拡散させる構造になっているのだ。

バブル期の残り香が漂うこのビルの設計は、東京都庁舎などと同じく、丹下健三によるもの。1996年の竣工から20年以上が経過しても、まったく旧さを感じさせることなく、変わりゆくお台場エリアを見つめている。

SPOT INFORMATION
フジテレビFCGビル
所在地
東京都港区台場二丁目4番8号
カテゴリ
高層ビル
用途
オフィス
階数
地上25階・地下2階
エレベーター数
35基
敷地面積
21,102.20㎡
延床面積
141,825.00㎡
建築面積
14,171.00㎡
着工年月
1993年4月
竣工年月
1996年6月
関連企業
発注者(事業主)
フジテレビジョン
設計者
丹下都市建築設計
施工者
鹿島建設
技術・工法
構造
鉄骨構造
規模
地上25階・地下2階
高さ
123.45m
35.627012,139.774621
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ