建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
タテコレ
1/10
  • エレベーターや階段を集約したコア部分。白亜の円柱に思わず目を奪われる。
  • かつては地下に輪転印刷機も備えていたオフィスビル。雨どいやレンガなどのディテールは見ていて飽きない。
  • 竹橋越しに竹橋交差点方向を望む。うっすらと光が漏れる円柱が美しい。

パレスサイドビル・コレクション【お堀端のモダニズム建築】

皇居(パレス)のお堀端(サイド)にあるから、パレスサイドビルである。そのまんまの名前である。かつてこの近辺に勤めていた筆者としては、馴染みの深いオフィスビルだ。このビルには、魅力が満ち満ちている。

設計は林 昌二(日建設計工務、現在の日建設計)。限られた予算や時間内で資材などを工夫し、豊かな空間を作り上げる「貧困の美学」の名手である。

ただ、かつてこの地には名建築と称されたリーダーズ・ダイジェスト社屋があった。それを取り壊してまでして、新たにビルを建てることになったというのだから、その重圧は推して知るべし。しかし林は見事に期待に応え、モダニズム建築の傑作(1999年DOCOMOMOの20選に選定)を生みだしたのだった。

パレスサイドビルの構造上の特徴といえば、コア部分(階段・エレベーター・機械室)をビル棟の端に集約したことだろう。外観においても、白い円柱状のコア部分は強いアクセントになっている。しかもそれが東西に2本もそびえ立っている!

玄関部分の“アンブレラ”とよばれる大庇や、重厚な茶褐色のレンガ積み、キャストアルミ製の水平ルーバーと雨樋・雨受けが、このビルの個性をいっそう引き立てる。見かけだおしの個性ではなく、機能をしっかり伴っているのだから驚かされる。

とうとうと語ってきたが、個人的にパレスサイドビルの魅力は、屋内にあると思っている。

空飛ぶ円盤のコントロール・ルームのような不思議なエレベーターホール、1階の中央廊下と地下1階コンコースの吹き抜け空間をつなぐ“夢の階段”のアートのような美しさ、重厚な玄関&階段……素晴らしいディテールは枚挙にいとまがない。あえてここでは写真を示さないので、ぜひ見学していただきたい。なお、平日見学の際には、昭和感満点の洋食屋・カレーの店 タカサゴで昭和なランチを食すことを切におすすめする。

SPOT INFORMATION
パレスサイドビル

所在地
東京都千代田区一ツ橋1丁目1−1
カテゴリ
高層ビル
用途
オフィス
階数
地上9階、地 下6階、塔屋3階
エレベーター数
18基
駐車場台数
約300台分
敷地面積
11,275㎡
延床面積
119,625㎡
建築面積
8,596㎡
着工年月
1964年7月
竣工年月
1966年9月
関連企業
設計者
日建設計工務株式会社(現・株式会社日建設計)・林 昌二
施工者
パレスサイド・ビル新築工事共同企業体(株式会社大林組、株式会社竹中工務店)
管理運営
株式会社毎日ビルディング
技術・工法
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造
規模
地上9階、地 下6階、塔屋3階
35.691175,139.757178
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ