建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
タテコレ
1/10
  • 日本橋御幸ビル正面。三角形の土地に沿って立っていることがお分かりだろうか。
  • ビル北側には窓や円柱状の柱が備わる。
  • 正面玄関の扉は凝った装飾。
  • 裏手には村井銀行のクラシカルな入口が移植されている。左隣の穴は駐車場出入口。
  • 北側では円柱状の柱がいいアクセントになっている。
  • 一方でビル南側はほぼ窓のないレンガの壁。“秘密のトビラ”感がある扉に惹かれる。
  • 南側の壁を見上げたところ。どこまでも続くレンガ。

日本橋御幸ビル・コレクション【日本橋随一の異形ビル】

東京・日本橋のすぐそばにある、安井武雄が設計した野村証券日本橋本社ビル。“軍艦ビル”とも呼ばれる1930年竣工の重厚なモダニズム名建築の価値を疑う者はいないだろう。しかし、今回の主役は、この日本橋野村ビル旧館ではない。その南隣、存在感では勝るとも劣らない異形の建築物・日本橋御幸ビルである。

1975年竣工のこのビルは、かつては日本橋東海ビルといった。“東海”の名が示す通り、中京圏を地盤とする都市銀行・東海銀行の東京拠点だった。現在は三菱UFJ銀行日本橋中央支店が入居している。

さらに歴史をさかのぼれば、かつてこの地には、吉武長一の設計による村井銀行の社屋が存在した。京都を基盤とした村井銀行は1927(昭和2)年に倒産し、いまは京都市内にその旧社屋を残すのみだが、1913(大正2)年に竣工した建物の一部(出入口)は、日本橋御幸ビルに組み込まれて当時の面影を残している。

茶褐色レンガ貼りの壁面は、一部を除いてとことん窓がないのが特徴である。まさに日本橋にそびえたつレンガの壁。隣が軍艦ビルなら、こちらはさしずめ“要塞ビル”だ。一方で鋭利な刃物のようにエッジの効いた入口付近など、見る角度によって大きく変わる表情もまた魅力。全体がいったいどんな形なのか、一見ではイメージが湧きづらく、周囲をぐるぐると廻りたくなるビルなのだ。

ところで、三井不動産の日本橋再生計画「日本橋一丁目中地区(4-12街区)」の都市計画によると、前述の日本橋野村ビル旧館はその歴史的価値が認められ、保存・活用される。しかし、同じ再開発対象区域のC街区では、日本橋御幸ビルが建つ三角形の土地は、そっくりそのまま“地上広場”になるのだという。

計画が完了する2025年には、BCS賞を受賞した日本橋御幸ビルも、そして村井銀行の遺構も、跡形もなくなってしまうことになる――。

そんなわけで、ぜひ近いうちに、日本橋御幸ビルの鋭角な迫力を味わっていただきたい(広いレンガの壁はきっとインスタ映えもする)。近くに店を構える「京都銀閣寺ますたにラーメン」のラーメンを味わいつつ、いまはなき京都の村井銀行に思いを馳せるのもまた一興ではないだろうか。

SPOT INFORMATION
日本橋御幸ビル

所在地
東京都中央区日本橋1丁目7−17
カテゴリ
高層ビル
用途
オフィス
階数
地下3階・地上11階、塔屋2階
エレベーター数
4基
駐車場台数
36台
敷地面積
1,464㎡
延床面積
14,018㎡
建築面積
1,125㎡
竣工年月
1975年3月
関連企業
発注者(事業主)
株式会社東海銀行 / 新東昭開発株式会社
設計者
株式会社日建設計
施工者
株式会社竹中工務店 / 株式会社大林組 / 戸田建設株式会社
35.683396,139.774999
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ