建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
タテコレ
1/10
  • 「つわものどもが夢のあと」な旧電通本社ビル。
  • エネルギッシュな電通マンに似合う力強いビルだ。いまは誰もいない。
  • レ○ブロックのように隣のビルと合体できそう。
  • 飛び出した梁の列に底知れぬ迫力を感じる。
  • 力強い柱。
  • 力強い柱、その2。
  • 組み合わされた格子の美しさ……!

旧電通本社ビル(電通築地ビル)コレクション【もっと伸びたかったビル】

あなたは「築地再開発計画」をご存知だろうか。あー、あれでしょ。小池都知事が決めた築地市場跡地の活用計画でしょ?……残念ながら、不正解です。それは「築地まちづくり方針」(2019年)。

名前に仰々しさ漂う「築地再開発計画」のマスタープラン立案は、1回目の東京オリンピックが開催された1964年。発案者は、建築家・丹下健三だ。「広告界のガリバー」こと電通の吉田秀雄社長(当時)から本社ビルの設計を依頼された丹下健三が、ひとつのビルどころか、築地地区全体を対象とした都市計画をデザインしたのである。

この計画の中では、各ビルが需要や規模に応じて縦横に伸び、それらがさらに空中で横につながっていく都市が構想されていた。電通本社ビルはその巨大ネットワークのワンピースにすぎない。ちなみに「築地再開発計画」は1961年に発表された「東京計画1960」の系譜を継ぐものであり、東京計画1960はさらに東京湾上に拡がっていく壮大な構想だった――。

さて、いまの東京を見ればお分かりのように、両計画はいずれも実現していない。吉田社長の死去や建設費の都合もあり、当初の計画から軌道修正を受けた電通本社ビルが築地の街角にぽつんと建つのみである。それでも、このビルには丹下健三のこだわりが随所に見られる。

モダニズム建築の文法にのっとったビルの断面には、萌芽のような梁の出っぱりが連なる。まるで「モット、ノビタカッタ、ツナガリタカッタ」と訴えているかのようだ。

しかしこのビル、もはや電通の持ちものですらない。電通本社はとうの昔に汐留に移り、グループ会社も退去し、2014年に住友不動産に売却された。次の「築地再開発計画」の沙汰を待つ空虚な箱になってしまった旧電通本社ビル。2回目の東京オリンピックを前に、草葉の陰で丹下健三はなにを想うのだろう。

 

SPOT INFORMATION
旧電通本社ビル(電通築地ビル)

所在地
東京都中央区築地1-11
用途
オフィス
階数
地上13階、地下3階、塔屋2階
敷地面積
3,258.2m²
延床面積
31,333.5m²
建築面積
1,590.3m²
着工年月
1963年
竣工年月
1967年1月
関連企業
発注者(事業主)
電通
設計者
丹下健三・都市・建築設計研究所
構造設計者
坪井善勝研究所
設備設計者
井上宇市研究室
施工者
株式会社大林組
技術・工法
高さ
60m
日本、〒104-0045 東京都中央区築地1丁目11−10 電通築地ビル
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ