建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
エンタメ

萩原雅紀の「ダム」道。【16】だからこその造形美!ダムでコンクリートを存分に味わおう

萩原雅紀の「ダム」道。【16】だからこその造形美!ダムでコンクリートを存分に味わおう

水を導くなめらかな曲線

ダムでコンクリートの魅力を味わうことができるのは堤体だけではない。水をなめらかに、かつ正しく導く放流設備導流部もコンクリートの造形を存分に堪能できるのだ。

この艶かしく、かつ機能的なラインを造ることができるのはコンクリートならでは!(摺上川ダム/福島県)

わたしも水になってこのすべすべの壁を流れ落ちたい(堀川ダム/福島県)

優しく導く先にはどんな景色が待っているのか(南相木ダム/長野県)

 
1
2
3
4
5
 
WRITER
萩原 雅紀
萩原 雅紀
ダムライター、ダム写真家。1974年東京生まれ。ダムと名のつくものすべてを対象に、ライフワークとして「ダムめぐり」を続けている。これまで訪れたダムは国内外合わせて500基以上。毎年末に「日本ダムアワード」を主宰。ダムカードの発案にも携わる。著書に『ダム』『ダム2』(メディアファクトリー)、『ダムに行こう!』(学研プラス)等。
建設転職ナビ