建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
エンタメ

萩原雅紀の「ダム」道。【19】ダムはいかにして大雨洪水と戦っているのか

萩原雅紀の「ダム」道。【19】ダムはいかにして大雨洪水と戦っているのか

洪水調節しないダムもある

本題に入る前の大前提として、ダムには洪水を抑える、つまり「洪水調節」の目的を持つものと、持っていないものがあることを知ってほしい。持っていないものは、たとえば水力発電だったり、生活用水や農業用水の確保だったりの目的のために造られたダムで、大雨で川の流量が増えたら、大まかに言うとその増えた分をそのまま下流に流して良いことになっている。

ただし川の流量を急激に変えてはならない決まりはあるので、放流量の増加も減少も少しずつ段階を踏んで行われるのだけど、とにかく、本来そういったダムに下流を洪水から守る役割はない。

意外と知らない人多いけど黒部ダムに洪水を防ぐ役割はありません

その中で一部の発電用ダムなど、大きな貯水池を持っているなどの理由で、一時的に貯めたり放流を遅らせるなどして、結果的に下流を守っているダムはある。

だけど、最初から治水目的で造られたわけではないダムは、構造的にもマンパワー的にも細かい放流操作ができないところがほとんど。上流にダムがあるからと言って安心したり不安になったりする前に、まずはそのダムの目的や規模をしっかり調べておこう。近所に医者がいると言っても、お腹が痛いときに眼科に頼れないじゃないですか(痛み止めくらいは出してくれるかも知れないけど)。

「洪水調節」とはなんなのか

ではいよいよ本題、洪水調節の目的があるダムは、大雨が降って上流から流れ込んで来る水が増えたときにどういう動きをするのか。ただすべてを貯めて満杯になったら緊急放流、なんて単純な動きではないのだ。それではししおどしである

ダムによる洪水調節を見るときに外せない要素がいくつかある。もっとも基本的なのは

「流入量」

「貯水位」

「放流量」

の3つ。これだけでも大まかな説明はできるけれど、実際の運用を詳しく説明するなら、さらに

「洪水貯留準備水位」

「洪水貯留操作開始流量」

「計画最大放流量」

「異常洪水時防災操作開始水位」

「洪水時最高水位」

の5つを加えた8種類の数字を見なければならない。

難しそうな専門用語が出てきて早くも意識が飛びそうになったかも知れないけれど、意味はそんなに難しくないので聞いてほしい。ちなみに前半の3つは常に変化する数字で、後半の5つはダムごとにあらかじめ設定されている数字である。

まず流入量は、ダムの上流から流れ込んでくる水の量だ。流量の基本単位は立方メートル毎秒。水の場合1立方メートルは1トンなので、トン毎秒で表す場合もある。ただ、職員さんに話を聞くと、「こないだの台風で500トン放流した」みたいに「毎秒」を抜いて話すことがけっこうあるので頭の中で補おう。あと年配の方だと「500リューべ」みたいな言い方をすることもある。「リューべ」は「立米」と書き、「立方メートル」のこと。「平方メートル」を「ヘーベー」と言うのと同じである。ちなみに学校の25mプールがだいたい500立方メートルらしいので、毎秒500立方メートルはあのプールの水が1秒で貯まる量、ということだ。

台風が襲来し、毎秒およそ200立方メートルでダムの貯水池に流れ込んでくる濁流

貯水位は、ダム湖の水位。ダムの管理の基準のひとつが水位で、目的や季節によって目指す水位が細かく決められている。新幹線や飛行機が、場所や状況によって速度や高度が決められている、というのに近いと思う。

たとえば洪水調節用のダムでは、梅雨入りから台風シーズンが終わるまで、だいたい6月から9月末頃までの間は「洪水期」と言って、大雨に備えて通常の満水状態よりも下げた水位(洪水貯留準備水位)に設定しておき、増水した水を受け止める容量である「洪水調節容量」を空けておく運用を行なっている。アリが落ちてくるのを待つアリジゴクのように、じっと大雨を待ち受けているのだ。

水面と木が生えている間の、地肌がむき出しになっている部分が洪水調節容量

放流量は、ダムから下流に流している水の量。放流量も状況によって細かく調整されていて、下流の川の水量が多すぎたり少なすぎたりしないようにしている。

また、流入量と見比べたとき、流入量が多ければ貯水位が上がり、放流量の方が多ければ貯水位が下がりつつある、と考えることができる。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
 
WRITER
萩原 雅紀
萩原 雅紀
ダムライター、ダム写真家。1974年東京生まれ。ダムと名のつくものすべてを対象に、ライフワークとして「ダムめぐり」を続けている。これまで訪れたダムは国内外合わせて500基以上。毎年末に「日本ダムアワード」を主宰。ダムカードの発案にも携わる。著書に『ダム』『ダム2』(メディアファクトリー)、『ダムに行こう!』(学研プラス)等。
建設転職ナビ