建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
エンタメ

ロンロ・ボナペティの「名建築の横顔~人と建築と」【1】kw+hg architectsの武蔵野プレイス

ロンロ・ボナペティの「名建築の横顔~人と建築と」【1】kw+hg architectsの武蔵野プレイス

「あの名建築」は、いま、どのように使われているのだろうか?

竣工当時高く評価された建築のその後を取材する本シリーズでは、建築と、それに関わる人びととの関係を探っていく。

第1回は、2016年の日本建築学会作品賞を受賞した、東京都武蔵野市にある図書館複合施設、武蔵野プレイス。受賞理由にも集客施設としての成功があげられている本施設は、日々、多くの人でにぎわっている。

その背景にはどのような工夫が隠されているのだろうか。実際に訪れてみた。


つい長居してしまう居心地の良さ

「居心地が良くて、ついつい通っちゃうのよね」

近隣にお住まいだという70代の女性は、毎日のように武蔵野プレイスへ足を向けるのだとか。買い物の行き帰りに必ず立ち寄るのだ。

「1階に、きょう返却された本が並べてあるコーナーがあって、そこで面白そうな本が見つかったら、そのまましばらく読んでから借りて帰るの。いろんな場所があって落ち着くじゃない? こんな施設、ほかにないわよね」

お気に入りは公園を見下ろせる2階の読書コーナー。この日は何度か席を変えながら、2時間ほど滞在したそう。

公園の管理も武蔵野プレイスが担い、各種イベントが催されている

設計者は川原田康子と比嘉武彦による建築家ユニット、kw+hg architects。彼ら自身が強調するように、武蔵野プレイスではそこで過ごす人びとの居心地の良さが徹底して追求されている。

曲面を多用したエッジのない壁面に包み込まれるような”ルーム”と呼ばれる小さな空間が連続する構成は、科学的に心地良さが裏付けされたかたちだという。

また一般的には書籍の劣化を防ぐために制限されがちな開口部は、武蔵野プレイスでは大きく取られているのも特徴だ。直射日光が書棚に当たらないよう、開口部付近を閲覧スペースとすることで実現されている。

ルームのひとつ、雑誌閲覧コーナー。ルーム同士は仕切られることなくつながる

間仕切りを設けず、上下のつながりもつくることで、建物全体がひとつながりの空間になっている。それにより離れた場所にいる人びとの活動がおぼろげに感じられるようになっている。

無音の部屋にひとりでいるより、多少のざわめきがあるカフェの方が集中できる、という人は多いのではないだろうか。武蔵野プレイスでは全館でそうした空間が実現されている。

デザイン上の工夫だけでなく、過ごす人びとの活動も含めた空気感が、この空間をつくり出している。

地下1階のメインライブラリー。吹き抜けを通じて自然光が落ちる

1
2
 
WRITER
ロンロ・ ボナペティ
ロンロ・ ボナペティ
「専門知識がなくても楽しめるように建築の魅力を伝える」がモットーの建築ライター・編集者(と名乗る黄色い鉛筆)。大学院の建築コースを修了後、建築系のコンテンツ制作に携わる。国内外の都市や建築を巡って得た気づきをコンテンツプラットフォームのnote(https://note.mu/ronro)で発信中。
建設転職ナビ