建設の匠
メニュー
メニュー閉じる
エンタメ

【神々の】西新宿の創造主、6時間でビル建てるってよ【遊戯】

【神々の】西新宿の創造主、6時間でビル建てるってよ【遊戯】

始めたばかりでまだまだフォロワーも少ない「建設の匠」編集部のTwitterアカウント(フォローしてくださいおねがいします)。

そんなアカウントでツイッタランドという大海をサーフィンしていたところ、偶然にも、ものすごく面白い人を見つけてしまった。

し、新宿都市模型ですって!!!!!!!

なにそれすごい!どうやってつくってるの!あなた何者なの?神なの!?

なぜ新宿?どこで勉強したの?何のために?誰のために?

……いろいろ聞いてみたくてたまらない。

とにかく、西新宿に編集部がある「建設の匠」としては、放ってはおけない存在である。

さっそくトシさんにコンタクトをこころみた。

小学生の頃から都市を創造していた

トシさんは大分県日田市出身の27才。現在、三重県のメーカーに勤務しているという。

――三重県在住のトシさんは、そもそもなぜ都市の模型をつくることにしたんですか?

トシさん 私は田舎育ちということもあって、小さな頃から都市やビルに興味があったんです。それでよく街づくりのゲームをしていたのですが、これをデジタルではなく”現物”で再現したいと思うようになり、都市模型をつくるようになりました。

新宿都市模型全景。模型の大きさは60cm×60cm。

――なぜ新宿を選んだんですか?

トシさん 日本を代表するビル街はどこだろう? と考えた時に、テレビや映画でもよく映されていて、東京都庁のような誰でも分かるランドマークのある新宿が思い浮かんだんです。超高層ビルや雑居ビルが混在した街並みが面白いと思ったので、今回は新宿を選びました。

全景を別角度から。1/2200スケールで1400m×1400mの範囲を再現しているとのこと。

――いつ頃から模型制作をはじめたのですか。

トシさん 最初に(このような模型を)つくったのは小学6年生の夏休みの工作です。

小学校6年生の時の作品はこちら。小6にしてこのクオリティ……おそろしい子……!!

そこから期間が空き、3年前から再開しました。

――小学生からこんな高尚な遊びを……(絶句)。ちなみに建築学や模型製作などはどこかで学んで……?

トシさん 独学です。

――(二度目の絶句)。び、ビルはどのような素材でどういうふうにつくっているんですか?

トシさん 素材は0.1mm・0.2mm厚のファイン用紙を使用しています。ソフトはパワーポイントを使っています。

その手順は、次の通りです。

① Googleマップ&アースから、ビルの高さ、幅等の寸法を測定

② 頭の中で展開図を考え、パワーポイントでそれを描く(のり代も描く)

③ Googleマップを観察しながら窓等の細部を描く

④ プリンターで印刷する

⑤ カッター、はさみで切り取る

⑥ 木工用ボンドを使い組立

⑦ ①~⑥の繰り返しで都市模型をつくる

――「頭の中で展開図を考え」とか「Googleマップを観察しながら」とか、さりげなくアナログ作業満載で泣けてきます。ちなみにひとつのビルの制作時間はどれぐらいかかりますか?

トシさん ビルの構造にもよりますが、200m級のビルだと図面を描くのに約4時間。組み立てに2時間ほどかかります。

――ビルひとつで6時間! そんな作業時間はどうやって確保しているのですか。 

トシさん 仕事もやりつつなので毎日とはいきませんが、平日であれば30分~2時間、休日は多いときですと10時間以上作業することがあります。
なかなかまとまった時間が取れないので、少しずつ進めています。

――10時間以上!!!もはや“匠”という次元を超えて“創造主”ですね……。制作においてどんなことに苦労しますか?

トシさん 次の点で苦労していますね。

・同じビルが存在しないため、どのビルもイチからつくっていかなければならないこと

・つくっている間に建て替えが進んでいること

・つくる建物の数が膨大なため、なかなか進まないこと

・現地に行く機会があまりないので、インターネットから情報を集める必要があること

――なるほど。現地に行って「答えあわせ」をして、模型に反映することもある?

トシさん 正直、なかなか現地に行けないので、近いうちには行きたいなと。Googleアースだけでは分からない部分や更新されていない場所もあるので、そういう所は現物を反映させたいと思っています。

――てっきり西新宿に近いところにお住まいなのかと……。現物を見ずにここまでつくれることに驚きです……!!!

1
2
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ