建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
エンタメ

ワクサカソウヘイの「たてものはいきものだとおもうもの」【10】かつて練馬区には巨大な「アフリカの館」が存在していた

ワクサカソウヘイの「たてものはいきものだとおもうもの」【10】かつて練馬区には巨大な「アフリカの館」が存在していた

呼吸をしているような建物たちを、静かに興奮しながら鑑賞したい。建築物にまつわるアレコレを文筆家・ワクサカソウヘイが五感で味わい、綴ります。

今月は「練馬のアフリカ」だそうです。「東洋のナポリ」でも「浪速のモーツァルト」でもありません。繰り返します、「練馬のアフリカ」です。(編集部)

タイトルイラスト/死後くん

 

#10 かつて練馬区には巨大な「アフリカの館」が存在していた

練馬区。

それは東京都23区の中において、独特なメンタリティを宿しているエリアである。

東京の中の、様々な区を眺めてみてほしい。そこにはそれぞれ、区のシンボル、もしくは区のアイデンティティーとなるような、ランドマーク的建物が存在している。墨田区であれば東京スカイツリー、渋谷区であれば109、豊島区であればサンシャイン60、板橋区であれば高島平団地、北区であれば北とぴあ、といった風に。

ところが、どうしたことだろう。「練馬区」と聞いても、多くの人々はそこからどのような建物の姿をも連想することができない。

私は、練馬区に生まれ、練馬区に育った者であり、そしていまなお、練馬区に居住している者である。だから私の中の心象風景は、ほとんど練馬区からもたらされた要素によって形成されている。その風景の中に広がっているのは、人工的な建物群ではなく、なんともあか抜けない農地の広がりだけである。

練馬といえば、大根だ。

練馬には「練馬大根」なる名産が存在しており、その名は全国に広く知れ渡っている。区内には『練馬大根の碑』なるものまで建てられており、地元の小学生であれば必ず一度は社会科見学などでそこを訪れ、「練馬大根」の名を胸に深く刻むことになる。

そう、「練馬大根」が印象付ける通り、かつての練馬区は23区の中でもトップクラスの畑密集地帯であった。なにを隠そう、私自身が明治時代より長きにわたり続いた農家の出身である。2000年代が始まる頃、世はすでに携帯電話やインターネットが台頭し始めていたというのに、私は毎朝、自分の家のキャベツ畑を通り抜けて、高校へと通学していた。

その高校には、都内の様々な地域から通学者たちが集まっていた。港区の高層マンションに住んでいる同級生もいた。渋谷区のコンビニでバイトしている同級生もいた。放課後のたびに新宿区へと遊びに繰り出す同級生たちもたくさんいた。そんな中で、私の履く学校指定のローファーだけが、練馬区の畑の土で汚れていた。

「東京」なのに「TOKYO」ではない場所、それが練馬なのだと、それまで練馬区立の小・中学校に通っていた私はようやくそこで思い知らされた。

「練馬区の独特なメンタリティ」とは、おおよそ、そんな感じである。

 

時代の移り変わりと共に、練馬区の景色もまた変化していった。畑たちは次第に建売住宅や老人ホームへと姿を変え、野良犬はいなくなり、区の花であるツツジを見かけるのは整備された公園の中だけとなった。平凡で、無個性な住宅地がそこには広がり、ところどころにささやかな農地だけが残り、そしていまでも、ランドマーク的な建物は現れていない。

しかし、私と同世代の練馬区民であれば、誰もが知っている。実はかつての練馬には、巨大にして堂々たるランドマークの館が、畑の風景の先に建っていたことを。

 

練馬には、『としまえん』という遊園地が存在している。

そう、間違わないでほしい。『としまえん』は豊島区にあるのではない。練馬区にあるのだ。『東京ディズニーランド』が千葉にあるように、『としまえん』は練馬区にあるのである。

さて、この『としまえん』はその昔、練馬区在住のキッズたちを熱狂と興奮の渦に巻き込むスーパーアミューズメントアトラクションを有していた。

それが、『アフリカ館』である。

 

この『アフリカ館』というアトラクション、まず驚くのはそのスケール感である。

箱形の建物なのであるが、そのサイズは文京区の東京ドームとまではいわないけど、千代田区の日本武道館の半分くらいはあったように思う。子どもの時の記憶なので誤差はあると思うが、とにかくバカでかい施設だったのである。

その館内の中には、「アフリカ大陸」の景色がつくられており、そこをジープで巡っていくわけなのだが、この内容がまたすごかった。なにがすごいって、『アフリカ館』が描くその景色は、あまりにもドープでダーク、そしてなによりアバウトなものだったのである。

1
2
 
WRITER
ワクサカソウヘイ
ワクサカソウヘイ
1983年生まれ。文筆業。ルポ、コラム、コント台本などを執筆。主な著書に『夜の墓場で反省会』『ふざける力』『今日もひとり、ディズニーランドで』など。最新刊は『ヤバイ鳥』(エイ出版社)。
建設転職ナビ