建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
建設ICT

日立ソリューションズ(前編)/BIMソフトを持たないユーザも3Dモデルを確認できる!

日立ソリューションズ(前編)/BIMソフトを持たないユーザも3Dモデルを確認できる!

建設ICT Picks第四弾は、3D建物モデルと関連情報を共有・活用できる日立ソリューションズのBIMデータ共有・活用ソリューションをピックアップ!
日立グループの情報・通信システム事業の中核を担う立場にある日立ソリューションズがなぜそのような取り組みをはじめたのか?
日立ソリューションズ ビジネスコラボレーション本部 AI・デジタルソリューション部の今井孝洋氏に訊ねた。
※BIM…Building Information Modelingの略で、コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューションであり、また、それにより変化する建築の新しいワークフローのこと(Autodesk社のWebサイトより引用)

株式会社日立ソリューションズという会社は、どのような企業なのでしょうか?

日立ソリューションズは日立グループの中でシステム開発を主に担っている会社です。顧客層は非常に幅広く、製造業・流通業、通信業、小売業など、さまざまなお客さまにシステムを提供しております。
いまお話しした業種向けのソリューションもあるのですが、それ以外にさまざまなパッケージやソリューションもラインナップとしてご用意しています。

セキュリティーや文書管理、それに地図情報など、多種多様なパッケージ製品を取り揃えており、それを基にシステムを構築してお客さまに提供しています。

hitachi-s_01

日立ソリューションズ 今井 孝洋氏

なぜBIMについて取り組みはじめたのか、その経緯をお聞かせいただけますか?

当社がBIMに取り組むようになったきっかけは、大きく2点あります。
一点目は当社が開発、販売している企業間情報共有システム「活文 Managed Information Exchange(以下、『活文 MIE』)」があります。この製品パッケージをお使いいただいているお客さまから、「取引先との間でBIMデータの授受をしたい」というご相談がありました。そのようなことから、建設業界のBIMをめぐる状況を知り、「活文 MIE」が建設業のお客さまにも貢献できるのではないかと思いついたことです。

もうひとつは、この「活文 MIE」を市場に出してから数年が経って、お客さまの業務の課題に直結するようなソリューションが必要なのではないかと考えていたところ、製造業のお客さまにもCADデータをはじめ、データの共有という点で実績があったことから、このデータ共有の実績を応用しできるのではないか、と考えたことです。

BIMについて、御社で認識されている課題とはどういったことでしょう。

本来、BIMには3Dデータ活用による施工段階のフロントローディングで、後戻りをなくすという目的がまずひとつあります。同時に、建物の属性情報の管理によって、設計~施工~竣工後の維持管理、建物ライフサイクルの業務効率化に資するものだと認識しています。

これらの認識を踏まえて、お客さまにいろいろヒアリングを行ったところ、結果として現時点では設計のフロントローディング、後戻り防止が中心に展開されていることが判明しました。
その中で認識した課題としては、大きく4点あります。

  1. BIMの3Dデータの活用範囲を広げるための、大容量BIMデータの授受の方法
  2. 意匠、構造、設備など部門別で分かれて設計されている部分のフロントローディング実現のためには、部門間のデータ統合が必要であること
  3. データ統合時にフロントローディングのために検証する際、課題を各関係者で共有すること
  4. BIMソフトのユーザー以外に3Dデータを活用してもらう方法

これらの点から、建築プロジェクトにおけるBIMデータの共有・活用促進が大きな取り組みになってきたと考えました。

今井 孝洋氏

それらの課題に対し、どういったものを提供されているのですか?

課題の裏返しが、私どもの提供するソリューションになると考えています。
まず、大容量のデータを確実に関係者間で共有していただく機能です。最近は、国内であれば通信環境が整備されてきましたが、たとえばBIMデータを海外のモデル委託業者などに頼んだ場合でも、海外に向けた大容量データ転送を高速かつ高品質に転送する機能を提供しています。

次に、各データを統合するタイミングで、どのデータを使ったかという版管理もできるようになっています。これにより、変更点が後から分かるようになっています。

さらに、統合データ検証時の課題を関係者間で共有する、課題管理機能を提供しています。

最後に、BIMソフトを持たない関係者も手軽に3Dビューを共有できるようにしました。 共有したいBIMデータを、「活文 MIE」に「IFC(Industry Foundation Classes)というBIMの共通フォーマットで入れていただければ、3Dビューイングデータを自動的に作成する機能を用意しました。この3Dビューイングデータは、無償の3Dビューワーをダウンロードすれば、BIMソフトを持たないユーザーの方でも、手軽に3Dモデルを確認していただけるようになっています。

活文BIM 活用イメージ

活文BIM 活用イメージ

(2018年)7月31日にリリースしたとのことですが、お客さんの反応はいかがですか。

だいたい想定通りの反応をいただいています。ステークホルダーが多い業界ゆえ、いろいろな方がさまざまな側面からお話をしていただけるので、そのヒヤリングをじっくりと行っているところです。

今後の展開が楽しみですね。どうもありがとうございました。

取材企業情報

株式会社日立ソリューションズ (Hitachi Solutions, Ltd.)

本社所在地
東京都品川区東品川四丁目12番7号(日立ソリューションズタワーA)
設立
1970年9月
事業内容
ソフトウェア・サービス事業
情報処理機器販売事業

日立ソリューションズHP 『活文 BIMデータ共有・活用ソリューション』製品サイト
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」の管理者です。
建設転職ナビ