建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
ワザ・モノ

ケンクラフト 高石ケンさんと行く! 建設機械の世界祭典「Bauma2019」の圧倒的スケールに刮目せよ

ケンクラフト 高石ケンさんと行く! 建設機械の世界祭典「Bauma2019」の圧倒的スケールに刮目せよ

リープヘルVS CAT VS コマツ

――では、詳細をば。まずはどこからいきましょう。

ケンさん やはりドイツがお膝元のリープヘルでしょう。リープヘルは世界最高の建機メーカーですよ。クローラークレーンは3000トン級もラインナップしているし。これはLR1800-1.0。

リープヘルLR1800-1.0

――デカい!そしてカッコいい!

ケンさん そしてこれはパワーショベル。1時間に1回ぐらい動かすので、そのたびみんな「うおーっ!」と盛り上がってました。でも200トンなので、それほど大きい方じゃありません。

リープヘルのパワーショベル動く、みんな盛り上がるの図

――これで……? 200トンってどれぐらいのランクなんです?

ケンさん 800トン、500トン、400トン、300トン、200トン……リープヘルのラインナップでは5番目ぐらいだね。

――(絶句)。し、しばしリープヘルのラインナップをご覧ください。

リープヘルの鉱山用機械はホワイト基調のカラー

キャノピーのない無人ブルドーザーも。ケンさんいわく「中国人女性2人が一生懸命写真撮ってた」

――リープヘルって多種多様な建機をラインナップしているんですね。あらためてびっくり。

ケンさん でもね、キャビンは外注することが多いみたい。シートもそう。

――へええ。車体はこんなにいろいろつくっているのに。建機のシートってそんなに特別仕様なんですか。

ケンさん 振動も多いし、耐久性が求められるんでしょう。前にショベルカーのシートを座り比べたことがあるんだけれど、座った瞬間に「あっ、これがいい」と感じたのがキャタピラー(CAT)。

――特別にふかふかだったり?

ケンさん ふかふかっていうか、シートの下にサスペンションが付いている。ぼくが乗ったのは金属バネだったけれど、エアサスペンション仕様もある。CATはアメリカ本国で「コンフォート」というトップグレードを選ぶと、シートヒーター付。一日中座っているわけだから、快適じゃないとね。

――たしかに。さて、リープヘルの地元バウマに乗り込んできたのはアメリカのCAT!

ケンさん CAT、すごいでしょう。もう歩くのだって大変だよ。なんにも見れないぐらい。やっぱり人気あるんだ。

冗談みたいだろ……これ、全部CATなんだぜ……

――あ、ロゴが違う!

ケンさん そう、ロゴデザインも変わった。目新しいのはモデル名の変更ですね。CATはぜんぶアルファベットが付いていてB、C、D、E、Fまで来たのを、新規モデルはそのアルファベットがなくなった。

さらにエンジンも新しくなっただけではなくて、AdBlue(高品位尿素水)も積むし、それに伴ってメンテナンスをしやすいように構造を変えています。前に秩父のCATで見せてもらったら、たしかにメンテナンスがしやすくなっていた。

――ふむふむ。ところで、これは建機備え付けのスコップですか? 

不思議なカタチのスコップ

ケンさん ……こういうの、欲しくなるよねえ(笑)。クローラーのあいだに溜まる土や泥をかきだすためのものだけれど、これだけでも欲しい。

――分かります(笑)。実際なにに使うのかはともかく、こういう専用デザインされたもの、ソソられますよね。そしてじっくり見られるのもバウマならでは、かも。

ケンさん コマツも頑張っていましたよ。

――小さなコマツ(小小松)から大きなコマツ(大小松)までたくさんありますねえ。

ケンさん そうだね。奥のはPC4000です。さっきのリープヘルより大きい。

400トン級のPC4000

みんな動くコマツPC4000に釘づけ

 
1
2
3
4
5
6
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ