建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
ワザ・モノ

ケンクラフト 高石ケンさんと行く! 建設機械の世界祭典「Bauma2019」の圧倒的スケールに刮目せよ

ケンクラフト 高石ケンさんと行く! 建設機械の世界祭典「Bauma2019」の圧倒的スケールに刮目せよ

建機以外も盛りだくさん

――いわゆる「はたらくくるま」以外にも、建設関係の機械ならなんでもあるみたいで。

ケンさん そう、たとえばこれ、なんの機械か分かる?

ゴールドホファー(ドイツ)のトレーラー。上に載っているのは……?

――……皆目見当がつかないです。

ケンさん 上に載っているのは短く切ってあるけれど、風力発電の羽なんです。で、その羽を運ぶ特別なトレーラー。日本にもあるよ。このまま風力発電を設置する山へ行く際、木に干渉しないように、根本の可動部で角度を変えてよけられるんです。

――すご! たしかに、風力発電の羽ってどうやって運んでいるのか謎でしたわ。

実物はこの長さ!

ケンさん このカイザーは日本に売り込みに来てましたね。森林機械用です。切った木材を運んだり、アタッチメントを替えれば木も斬れる。特徴的な脚で不整地でも動けます。

――意外と華奢なボディーですね。

ケンさん ただ斜面が急で地盤もやわらかい日本の山では持て余しそうだけれど。

どうやって動かすのか気になるカイザー

カイザー(ドイツ)の林業用機械。バランスが変

――この平ぺたいのは……?

ケンさん モジュールトレーラー。油圧モーターで稼動します。しかも、これは4軸だけれど、何軸でもつなげられる。長いものを積むために縦にも、幅広いものを積むため横にもつなげられるんです。

飛行機の車輪のような仕組みなので伸び縮み可能。高低差40cmぐらいまで対応できるらしい

――これでプラント的なデカいものまで載せられるんですか。いやはや。

ケンさん ちなみにプラントも建設されていたよ、コンクリート関係の。展示用ですけれど。

――へ? いや、まさかそんなものまでは……。

本当にあったプラント

――……(呆然)。

ケンさん クレーン系はぜんぜん撮れなくて。いい位置にいけなくて……。他にも撮りたい高所作業車もあったけれど、広すぎて見つからないものもありました。

――広すぎてお目当てが見つからない問題ですか。

ケンさん 写真は秒単位で撮っていかないと、撮り切れないからね。

――……(二度目の呆然)。

 
1
2
3
4
5
6
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ