建設の匠
メニュー
メニュー閉じる
ワザ・モノ

【相模湖】大人の社会見学は“ダムの祭典”へ! 第5回ダムマニア展に行ってきた【ダムカレー】

【相模湖】大人の社会見学は“ダムの祭典”へ! 第5回ダムマニア展に行ってきた【ダムカレー】

2019年7月7日(日)から2019年7月25日(木)まで、神奈川県立相模湖交流センター・アートギャラリーで行われた第5回ダムマニア展。2年ぶりの開催となったこのイベントの最終日に足を運んでみた。

相模湖はきょうもアツかった

新宿駅から約1時間。はるばる来たよJR相模湖駅。この駅に来たのはおよそ1年ぶり。

相模湖駅から徒歩15分程度。この道の奥に、会場の相模湖交流センターはある。

坂を下っていると……

相模湖が見えた!

相模湖の伝説。「照手姫」という美女が生まれ育った谷だから美女谷だそう

そして着いた。相模湖畔にある相模湖交流センターに!

相模湖交流センター2階にある「ともしび喫茶 青林檎」

ちょうどお昼時なので先に腹ごしらえ。ここで食べるものといえば……!!

名物・相模ダムカレー(500円)!

サラダと味噌汁までついて、このお値段。めちゃめちゃコスパがいい。ここに来ていた高校生(ボート部の合宿っぽい)から老夫婦まで、8割近い人がダムカレーを頼んでいた。育ちざかりの高校生がお皿を持っていって「おかわりください」って言っていた(さすがにおかわりはふつうのカレーだと思われる)。いずれにしてもやさしいお店である。

それもそのはず、運営しているのは福祉系NPO。障害を持った方もいっしょうけんめい働いている。やさしさに満ちたダムカレーなのだ。2024年の相模ダム改修に合わせてダムカレーも改修されるって某アド街で観た。

あの悲しい事件の現場もこの近く(1年前に取材に行った)

さて、1階に戻って、ダムマニア展へ。入口ではペッパー君が迎えてくれた(心を鬼にして写真は撮らなかった)。

いきなりダムについて分かりやすく解説してくれる展示がお出迎え。こんなふうに一般人にも分かりやすく解説してくれるのは、あの人しかいない……!

やっぱり、当メディア連載「ダム道。」でおなじみ萩原雅紀さんのコーナーだった。この日は会えなかったけれど(日付勘違いしていましたすみません)。

萩原さんがはじめた動画チャンネル「サイフォンTV」はダムビギナーにも分かりやすくてめちゃめちゃ面白いのでぜひ見てほしい。

 

「藤原様」って誰……鎌足? 道長? まさかヒロシ? と思いつつ近寄ってみたら、藤原ダム(群馬県)についての展示だった。「アンカーを使ったのは藤原ダムが日本初」と教えていただいた。へえええ――。

ダムが描いてあるから、ダム紙幣。よくぞ集めたものだと素直に感服する。

いい味出しているダムはんこ。写真をベースにしているそう。子どもの自由研究につくりたい。

ダム関連の手作りグッズがずらり。個人的に気に入ったのは左端のコレ。あらやだ、かわいい……!

ダムマニア展にはインスタ映えスポットもあるんだぜ。

実際に発電所で使われていたらしい名称のパネル。どうやって映える写真を撮るのかというと……?

こういう感じ↓。

個人的にはこのあたりのフォント感が好き

 

近年の豪雨に関連して知っておきたい知識も漫画で解説されるとスッと頭に入るというもの。「ダムにできることできないこと」をこのような展示で学ぶことはとても大切だと思う。

はああああ! 普段ありえない角度が味わえるこの空撮映像は、もうどれだけでも観ていられるのでDVD化してほしい。これ観ながらビール飲みたい。

丸山ダム(岐阜県)が好きすぎるよっしー(佳)さんの「月刊丸山ダム」も読みごたえあるので電子書籍化希望。

なんかもうマニアックすぎる逸品たち!!!!

「放流注意」グッズも展示されていた。欲しい。

グッズコーナーではTシャツや手ぬぐい、アルミボトルなどを販売。下のツイートを見る限り、最終日までにかなり売り切れたようす。再来年は会期の早めに行った方がいいもの残っていると思われる。中の人は相模湖アルミボトルを購入。

1
2
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ