建設の匠
メニュー
メニュー閉じる
ワザ・モノ

【スターハウス】「団地」が国の登録有形文化財に⁉ 団地マニアの聖地・赤羽台団地をたずねて

【スターハウス】「団地」が国の登録有形文化財に⁉ 団地マニアの聖地・赤羽台団地をたずねて

2019年7月、東京・北区にある旧赤羽台団地の「スターハウス」を含む4棟が、団地としてははじめて、国の登録有形文化財となることが決まった。

赤羽台団地は1962年、旧日本住宅公団(現UR都市機構)によって建てられた集合住宅だ。全3,373 戸の団地は、当時の東京23区内では最大規模だった。

当時の人々を魅了した昭和30年代の建築であり、令和の世の中で文化財に選ばれるほどの「赤羽台団地」とは、そしてスターハウスとは、いったいどのようなものなのだろうか?

赤羽台団地とはどんな団地か

旧赤羽台団地(現ヌーヴェル赤羽台)はJR赤羽駅より徒歩8分ほどの場所に位置する。

郊外型の団地が主流だった時代、都市型の団地として建設された赤羽台団地は多くの人々の羨望の眼差しを浴びた。その人気は高く、赤羽台団地へ入居するには、収入の下限制限が設けられるほど。ある程度の所得がなければ入居できないので、無理をして居住した住人もいたんだとか……!

余談だが、ロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカル・宮本浩次は赤羽台団地で育った。彼は「桜の花、舞い上がる道を」のMVをこの赤羽台団地で撮影したんだとか。ちなみにJR赤羽駅の発車メロディもエレカシだ。

都市型の再開発モデル団地として位置づけられた赤羽台団地。なにがそれほどまで魅力だったのだろう?

赤羽台団地には、単身者用の1K(風呂なし)からファミリー世帯向けの4Kまで、バリエーション豊かな部屋が存在していた。そこにはダイバーシティ(多様性)を認める居住空間があり、事情をそれぞれ持つ住人に、居心地の良い空間を提供していたのだ。

また、この赤羽台団地は住棟の配置が非常に独特である。風変わりな配置が誕生したのは、旧日本陸軍の被服廠跡地の道路を再利用したという背景があった。そこで直工住棟や囲み型住棟、ポイント型住棟(スターハウス)が組み合わされた斬新な景観を形成したのだ。

1
2
3
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。建設シロウトですがよろしくお願いします。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ