建設の匠
メニュー
メニュー閉じる
ワザ・モノ

【世界遺産登録】大建築家フランク・ロイド・ライトの作品が日本にもあって世界遺産になるかもって、本当?

【世界遺産登録】大建築家フランク・ロイド・ライトの作品が日本にもあって世界遺産になるかもって、本当?

ミース・ファン・デル・ローエ、ル・コルビュジエと並び、「20世紀建築の三大巨匠」と称される建築家、フランク・ロイド・ライト。彼の作品が世界遺産に登録されることとなった。なぜ、彼の作品はこれほどまで評価されるのだろうか。そして日本にもライトの建築があることをご存知だろうか?

今回は、フランク・ロイド・ライトの代表作からその魅力を解き明かしていきたい。

フランク・ロイド・ライトとは何者か

Frank Lloyd Wrigh(1867~1959)

フランク・ロイド・ライトは20世紀前半にアメリカで活躍し、自然との調和を目指す「有機的建築」を提唱しつづけた建築家。20世紀のデザイン界に大きな影響を与えた人物である。代表作に米国ニューヨークの「グッゲンハイム美術館」、同ペンシルベニア州ミルランの滝の上に建てられた邸宅「落水荘」などが挙げられる。

去る2019年7月7日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は、ライトが手がけた米国内の作品8つを世界文化遺産に登録することを明らかにした。米国で建築が世界文化遺産として登録されるのは初のことだ。ライトの代表作である以下の作品が登録される。

世界遺産に登録される8作品

  • グッゲンハイム美術館
  • 落水荘
  • ハーバート・キャサリン・ジェイコブス邸
  • ユニティ・テンプル
  • フレデリック・C・ロビー邸
  • タリアセン
  • タリアセン・ウエスト
  • ホリーホック邸

ライトが最初に手がけた大規模公共建築物であるユニティ・テンプル(1905年)

シカゴ大学内にあるフレデリック・C・ロビー邸(1910年)

1
2
3
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ