建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
ワザ・モノ

焼失した沖縄のシンボル・首里城の木造再建のために必要な“匠の技”

焼失した沖縄のシンボル・首里城の木造再建のために必要な“匠の技”

炎上する首里城を見て思わず叫び声をあげてしまった――。そんな人は多いのではないだろうか。

2019年10月31日未明、首里城の木造建築群が焼失した。沖縄県民をはじめ多くの人々が悲しみに暮れる中、着々と首里城再建への計画が進められている。しかし、そこには乗り越えるべきいくつもの課題がある。沖縄のシンボルを復元させるため、いったいなにが必要なのだろうか。

沖縄のシンボル、首里城

沖縄県那覇市首里当蔵町3-1にある首里城は、琉球王国の歴史を語るのに不可欠な存在だ。那覇港を見下ろせる小高い丘の上のお城は琉球王国の政治や文化、あるいは信仰の中心であり、琉球独自の文化を育んでいった。

美しい朱塗りの城郭建築は中国の影響が強いと思われがちだが、日本の建築文化の影響も受けている。弓なりのカーブを描いた屋根中央部分の「唐玻豊(からはふう)」は、純和風建築の城郭や社寺建築に見られる「唐破風(からはふ)」と同じだ。

正殿は1992年に竣工した地上3階建ての木造建築だ。発注・設計は沖縄開発庁沖縄総合事務局、施工は伝統建築に定評のある清水建設と地元の國場組である。1994年にはBCS賞に輝き、2000年には首里城跡が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された。

そんな沖縄のシンボルであった首里城。しかし、先の火災によって、正殿、南殿、書院・鎖之間(さすのま)、黄金御殿(くがにうどぅん)、二階御殿、奉神門の7棟が被害に遭った。骨組みがむき出しになり、見るも無残な姿となっている。残念ながら出火原因も不明のままだ。

首里城の焼失・復元の歴史

14世紀 首里城創建
1453年 「志魯・布里の乱」により、首里城全焼
1660年 首里城焼失
1672年 首里城再建
1709年 首里城焼失
1712年 首里城再建(1715年に完了)
1945年 沖縄戦により首里城焼失
1957年 園比屋武御嶽石門を復元
1958年 守礼門を復元
1968年 円覚寺総門、弁財天堂を復元
1974年 歓会門の復元竣工
1977年 玉陵の復元竣工
1984年 久慶門の復元竣工
1989年 首里城正殿の復元工事に着手。南殿・番所、北殿、奉神門等の復元工事も着手
2019年 首里城正殿、北殿、南殿、書院・鎖之間、黄金御殿、二階御殿、奉神門が火災により焼失

参照:沖縄首里城公園Webサイト

1
2
3
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ