建設の匠
メニュー
メニュー閉じる
ワザ・モノ

507日前に生まれた「建設の匠」がどんなメディアかを「いらすとや」のイラスト30点で紹介してみる

507日前に生まれた「建設の匠」がどんなメディアかを「いらすとや」のイラスト30点で紹介してみる

最近取材をしていると、こんなことをよく聞かれます。

「『建設の匠』ってどんなメディアなの?」

「どこを目指しているの?」

「どんな人がターゲットなの?」

今回は国民的イラストサイト「いらすとや」のイラストを拝借し、解説してみたいと思います(すべての画像には記事リンクが貼られています)。

どんなメディアなのか?

「建設の匠」は2018年10月に開設したWebメディアです。「すべての建設パーソンを応援するメディア」を標榜しています。

よく聞かれますが、編集部の中の人はひとりです。

そもそも「編集部」なんて大層なもんはありません。ひとりですし(画像をクリックすると該当ページに移動します)

なぜやるのか?

ご存知のとおり、建設業界は震災復興や東京オリンピックなどによる空前の好景気に沸いています(コロナによってどうなるか分かりませんが…)。しかし、それを支える建設技術者から建設技能者まで、すべてにおいて人材不足です。

また、建設業界はマスメディア等によってやたらと悪いイメージをつくられてきたようにも思います。業界の問題点は問題点として解決されなければいけませんが、建設業界の技術のスゴさはもっと正当に評価されるべきだし、人材やお金がまわる適切な仕組みにしないと業界が立ち行かなくなり、ひいては社会が成り立たなくなってしまいます。

それで困るのはわたしたち一般人です。

編集部の中の人は建設業界ではシロウト同然です。しかし、シロウトなりに熱意と愛を込めて陰日向に応援していきたいと考えています。建設パーソンが自分の仕事に誇りを持てて、建設パーソンになろうとする人たちが希望を持てる世界にしたいのです。

建設専門雑誌や専門紙から見ればどマイナーですけれど、推しに対する気持ちは負けへん……!(画像をクリックすると該当ページに移動します)

ちなみに「建設の匠」を運営している会社は、建設パーソンのキャリアを支援していきたい業界特化転職支援会社「ヒューマンタッチ」です。新聞などに使用される「建設業界の統計データ」も発表しているので、ご存知の方も多いのでは。

求人数は業界トップクラスらしいっす(画像をクリックすると該当ページに移動します)

どんな記事があるのか

うだうだと書いてきましたが、現時点で250を超える記事には、問題提起するマジメ系からそんなでもないやつまで、さまざまなバリエーションを取り揃えております。

建築士の働き方を考える記事から(画像をクリックすると該当ページに移動します)

女性建設パーソンのトイレ問題まで(画像をクリックすると該当ページに移動します)

 

チャレンジし続ける車いすの建築士や(画像をクリックすると該当ページに移動します)

宮大工なのにエントリーシートを用意している会社にも取材しました(画像をクリックすると該当ページに移動します)

連載クリエイター陣もバラエティに富んでいます。

「ミュージシャンにとって日本武道館は聖地」な理由、気になりますよね?(画像をクリックすると該当ページに移動します)

感じてほしい、ダムマニアの熱量(画像をクリックすると該当ページに移動します)

首都高研究家も熱い連載コラムを書いています(画像をクリックすると該当ページに移動します)

建設業界で注目のICT技術についてもフォロー(画像をクリックすると該当ページに移動します)

匠の技でつくられた名建築も紹介しています(画像をクリックすると該当ページに移動します)

 

すべてのダムカレーを応援しているので施工しに行きました(画像をクリックすると該当ページに移動します)

建設を支える建機の記事もたくさん(画像をクリックすると該当ページに移動します)

建設パーソンの多様な働き方や生き方にもフォーカスしています。

「建築Youtuber」という青年の熱い想いも取材しました(画像をクリックすると該当ページに移動します)

「業界のゲームチェンジャー」たらんとする経営者も登場します(画像をクリックすると該当ページに移動します)

人材採用のやり方に一石を投じるゼネコンとか(画像をクリックすると該当ページに移動します)

モデルとしても活躍中の「LGBTQ建築家」はメディア開設時にインタビュー(画像をクリックすると該当ページに移動します)

建築学科を出たばかりのグラビアアイドル(大器の予感!)にも話を伺いました(画像をクリックすると該当ページに移動します)

「ゴジラVSコンクリート」をネタにした記事も(画像をクリックすると該当ページに移動します)

古墳だって建設されたものなので守備範囲(画像をクリックすると該当ページに移動します)

ガスタンクをりんごみたいに皮むきしちゃう会社もあるんです(画像をクリックすると該当ページに移動します)

 

ちなみにエラー画面はこうなりますのでご注意ください(画像をクリックすると該当ページに移動します)

今後はどうするか

団地についての記事を近々公開します

土木関連でいえば「円筒分水」は気になっています

ジョサイア・コンドルにはもう取材できませんが建築家には取材したい

会津さざえ堂にも取材にいきたい

タワークレーンと「タワークレーン鑑賞協会」という謎組織も気になる(画像をクリックすると該当ページに移動します)

 

バケットホイールエクスカベーターって一度は見たいよね

 

これは今回のコロナショックにあたって描かれたイラスト……ではなく、「1973年にオイルショックにより紙が不足するというデマを信じてトイレットペーパーを買い占めた人と売り切れ(品切れ)になった棚のイラスト」だそう。公開日は2018年2月11日……いらすとやは預言者か。

「建設の匠」記事の幅の広さを紹介したいのか、「いらすとや」のバラエティ豊かすぎるイラストを使ってみたかっただけなのかよく分からなくなってきましたが、どちらかというと後者です。なにかのお役に立てば幸いです。

これは100日後とか代理店とか本文に関係ないワニ

WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ