建設の匠
Powered by
建設転職ナビ
メニュー
メニュー閉じる
ワザ・モノ

ケンクラフトのケンさんは今日もミニチュア建機で人々に“幸せ”を売る【後編】

ケンクラフトのケンさんは今日もミニチュア建機で人々に“幸せ”を売る【後編】

どんな人が買いに来るのか

日本のミニチュア建機モデルの市場を創り出したKEN KRAFT。木曜から日曜まで週4日しか営業していない、およそ13坪のこのマニアックなお店には、どんなお客さんが訪ねてくるのだろう。

「うちのお客さんは3歳から60代まで。遠くはタイや台湾、香港、シンガポールからも来ます。一番の購買層は、30~40代ですね。おそらく3分の1は建設業関連の方だと思います。仕事も建設関連で、ミニチュア建機も欲しい人って、とても幸せな人ですよね。自分が乗っている建機が欲しいという向きもあるし、自分には乗れない鉱山で働くような大きな建機や、巨大なクレーン車を買う人もいます」

フェラーリやポルシェのようなスポーツカーは、頑張れば買って公道で乗れるかもしれないが、建機は本物を買うことはなかなか難しいし、仮に買ったとしても操る場所も限定される。だから、ミニチュア建機に夢や憧れを投影する。その意味では、鉄道模型に似ているのかもしれない。

ミニチュア建機の楽しみ方は人によりさまざまである。先のコマツのショベルカーを累計24台ぐらい買った人は、いわく「みんなポーズを変えて飾っている。気に入ると何台もほしくなるんだようねえ。」店を訪れた女性客に「プレゼント用ですか?」と尋ねたら「自分用です」と返答されて面食らったこともある。

「私はまだ20台しか持っていない」と話す常連客には、「誰と比べているの?」とたしなめたりもする。「生き方と同じで、比べる必要はまったくないんですよ」とケンさんはつぶやいた。

「誰かと比べる必要なんてないんですよ」とケンさんに言われると、なぜだろう、胸にしみる。

これを読むあなたの家に「はたらくくるま」が好きなお子さんがいて、KEN KRAFTへ連れて行ったら、おそらくとても喜ぶだろう。しかし、一点だけ注意が必要だ。

「子どもって、すごい観察力なんです。値段なんか見ずに、品質のいいモデルをずばり選ぶ。『えっ、これを選ぶのか、すごいなぁ』と感心するぐらい」とケンさんは言うが、ミニチュア建機は高価なモデルだと100万円もするとか!

だから、うっかり「これ欲しい」とねだられたりすると対応に窮しかねない。だが、そこはご安心を。初心者におすすめのミニチュア建機を選んでくれた。ご興味のある方はぜひ最終ページをご参照いただきたい。

1
2
3
4
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ