建設の匠
メニュー
メニュー閉じる
ビジョナリー

「トンネル切羽の“声”が聞けるのは人間だけ」佐藤工業社長・宮本雅文氏の確信【前編】

「トンネル切羽の“声”が聞けるのは人間だけ」佐藤工業社長・宮本雅文氏の確信【前編】

なくてはならないところに存在し、誰にも等しく、口を開けて待ってくれている。それがトンネルだ。

でも私たちがそれに意識を向けるのは入る時ぐらいで、それからはあまり気を留めることもなく通り過ぎていく。

トンネルがない世の中なんて、もはや誰にも想像できないのに。

そんなトンネルを掘り続けてきた匠に訊いてみよう。

空前の好況と人材不足というトンネルの先に、建設業界にはどんな未来が待っているのか。

グローバル展開やICT化のトンネルをくぐり抜けた後、見える景色はどんなものなのか。

2018年最後の「ビジョナリー」登場は、佐藤工業社長・宮本雅文氏だ。


橋梁志望者を虜にしたトンネル工事の魅力

「トンネル工事って、毎回の発破ごとに、見える姿が変わるんですよ」

宮本雅文氏は、トンネルの話になると途端に相好を崩した。

「掘っているとだいたい同じ岩質、地質が続くんですが、ひと発破ごとに点検に入ってトンネル先端の切羽(きりは)を見ると、それはまるで赤ん坊の顔のように変わって、にこやかな時もあれば、怒っている時もある。『この山は大丈夫やね』とか『山が苦しんでいるな』とか、なんとなく感じるんですよ。

トンネル工事というひと気のない山の中での作業ですが、草花や蝶などから自然の表情を感じ取り、同時に“危険”も感じられるようになりました。その域に達するのは、3現場目ぐらいですけれどね」

ひとたび語り出すと止まらない。新卒で最初に配属された現場の話になった。

「私はそんなに気にならなかったけれど、当時のトンネル工事の現場は空気が悪いし、暗いし、水は出るし、過酷な条件でした。そんなトンネルが貫通した瞬間に立ち会いました。

感激度は、人生の中で一番高かったですね。ものすごく昂ぶった。発破をかけると、煙がスーッとどちらかに流れていって消える。そこに光がスッと差し込んでくる。まるで日の出と夕日とがすべて一緒になったような感動は、山頂に登った時以上のものがあると私は思っています。……あんまり山登りしたことないけれど(笑)」

発注者も施工者も坑夫さんも、樽酒を割ってがぶ飲みしながら、一緒になって喜びを分かち合う。その現場の空気を肌で感じ、「トンネル工事って悪いもんじゃないな」と感じた宮本氏は、以来28年間、連続してトンネルの現場を渡り歩いた。まさに“トンネルの佐藤”の申し子である。

――とは言いながら、実は橋梁を架けるほうに興味を持っていた、と述懐する宮本氏。大学時代は土木工学科で橋梁の勉強をしていた。卒業は1974年、折しも田中角栄の日本列島改造論がぶち上げられ、日本中でインフラ整備が盛んに行われている頃だ。

「これからの世の中は建設業だ、土木だ」と考えていた若かりし頃の宮本青年にとって、就職先はどの建設会社でもよかった。縁あって佐藤工業から声がかかり、「当時、グループ会社に橋梁部門もあるし」という軽い考えで入社を決めたのだという。それからトンネルにハマった経緯は、前述の通りである。

「そんなに詳しく調べずに入っちゃって」と宮本氏は屈託なく笑う。率直さと正直さが魅力的な人、というのが第一印象だ。

1
2
3
 
WRITER
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部
「建設の匠」編集部の中の人。ひとりで取材したり記事を書いたり写真を撮ったりしております。ツイッターは@KensetsuTAKUMI、フェイスブックは@kensetsutakumi2018。
建設転職ナビ