調査・レポート

メディア掲載情報 新聞・Webメディアに独自レポート「建設技術者の転職意識に関する独自アンケート調査(2018年7月)」が取り上げられました BUILT・Yahoo!ニュース・建設通信新聞・日刊建設工業新聞ほか(2018/8/2)

ヒューマンタッチ総研が公開した「建設技術者の転職意識に関する独自アンケート調査(2018年7月)」が、WEBメディア「BUILT by スマートジャパン」で紹介され、「Yahoo!ニュース」にも掲載されました。また、建設業界専門の新聞「建設通信新聞」ならびに「日刊建設工業新聞」「建通新聞」にも掲載されました。

~以下、建設通信新聞の掲載記事より転載

若手層は給与、休日重視/建設技術者対象に転職意識調査/ヒューマンタッチ総研

 人材紹介のヒューマンタッチ(東京都新宿区、高本和幸社長)が運営するヒューマンタッチ総研は、建設技術者を対象とした「仕事への満足度と転職意識に関するアンケート」を実施した。転職先企業を決める際の条件として若手層は「給与」「休日」を重視する一方、ベテラン層は「会社の雰囲気・人間関係」「勤務地」など実際の職務環境を重視する傾向があり、年齢層によって異なることが分かった。

 全体的な傾向では、転職時に重視する条件(複数回答可)として肯定的に回答した割合(「非常に重視」「やや重視」の合計)を見ると、「給与が高い」が91.3%で最も多く、次いで「経験・スキル、資格を生かせる」が85.5%、「勤務地が希望に合う」「やりがいのある仕事ができる」がそれぞれ82.5%で続いた。「非常に重視」と回答した割合に絞ると、「勤務地」が50.9%で最も高く、「会社の雰囲気・人間関係が良い」が46.9%で続く。「給与」は12項目中6番目の34.9%にとどまった。

 年齢別に見ると、20代で「非常に重視」とする回答は「給与」「勤務地」「会社の雰囲気・人間関係」の3項目が同率(47.1%)で並び、最も多かった。また、「休日が多い」を「非常に重視」するとした回答は41.2%となり、「給与」と「休日」を合わせた回答の比率は全年齢層の中で最も高かった。

 30代、40代が「非常に重視」する項目は、ともに「会社の雰囲気・人間関係」が1位。このほか、30代では「勤務地」「建設技術者としてのスキルを向上することができる」、40代では「勤務地」「会社の経営が安定している」とする回答が続く。

 一方、50代、60代が「非常に重視」する項目で1位はともに「勤務地」。特に、60代は58.3%が回答し、2位の項目を20ポイント以上上回っている。

 これに続く回答は、50代で「経験・スキル、資格」「会社の雰囲気・人間関係」、60代では「やりがい」「経験・スキル」が多かった。

 アンケートは、ヒューマンタッチに登録し転職を希望している建設技術者を対象に5月から6月にかけてインターネットで実施した。回収数は275人。


□関連リンク
BUILT by スマートジャパンの記事ページ
Yahoo! ニュースの記事ページ
建設通信新聞の記事ページ(要ログイン)
日刊建設工業新聞の記事ページ(要ログイン)
建通新聞の記事ページ(要ログイン)


<この記事に関するお問い合わせ>
ヒューマンタッチ株式会社 ヒューマンタッチ総研担当
TEL:03-6846-9050 / E-mail:ht@athuman.com