調査・レポート

ヒューマンタッチ総研レポート(号外)(2018年7月31日 公開) 建設技術者の転職意識に関する独自アンケート調査(2018年7月) 「給与」「経験・スキル」など上位に 年齢層ごとの違いも

 ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材紹介事業を行うヒューマンタッチ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:髙本和幸、以下「ヒューマンタッチ」)が運営するヒューマンタッチ総研は、建設技術者を対象とした「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」を実施しました。 転職先企業を決める際に重視する条件として「給与」、「経験・スキル」、「勤務地」、「やりがい」を挙げる意見が多く挙げられたほか、重視するポイントが年齢層ごとに異なることも分かりました。

<本件のポイント> ・ヒューマンタッチに登録している建設技術者に、転職意識に関するアンケート調査を実施
・転職先を決める際の重視条件は、若手層は「給与」「休日」を非常に重視
・一方、ベテラン層は「会社の雰囲気・人間関係」「勤務地」など実際の環境を重視する傾向に

《 全体傾向 》

転職時の重視条件は「給与」が最多、「非常に重視」に絞ると「勤務地」「雰囲気・人間関係」が上位

転職先企業を決める時に重視する条件(複数回答可)として、肯定的に回答した人の割合(「非常に重視」「やや重視」の合計)を見ると、「給与が高い」が91.3%で最も多く、以下「今までの経験、スキル、保有している資格等を活かせる」(85.5%)、「勤務地が自分の希望に合っている」「やりがいのある仕事ができる」(いずれも82.5%)などが続いています(=図表①)。
「非常に重視」と答えた人の割合に絞ると、「勤務地が希望に合っている」(50.9%)が最も多く、次いで「会社の雰囲気・人間関係が良い」(46.9%)、「やりがいのある仕事ができる」(42.9%)が続きました。 「給与が高い」は34.9%と、12の選択肢の中で上から6番目に留まりました。 一方、「非常に重視」との回答が最も低かったのは「研修・教育体制が充実している」(15.3%)でした。 また、昨今社会的に議論されている働き方改革に関連する「休日が多い」と「残業が少ない」という選択肢については、それぞれ30.5%、22.5%に留まっています。

【図表① 転職先企業を決める際に重視する条件】 転職先企業を決める際に重視する条件

《 年齢層別の傾向 》

20歳代は「給与」「休日」を非常に重視する人の比率が最も高い

20歳代の回答結果をまとめると、非常に重視すると回答した人の比率が最も高いのは「給与が高い」「勤務地が自分の希望に合っている」「会社の雰囲気・人間関係が良い」の3つの条件が同率(いずれも47.1%)で並んでいます(=図表②)。
また、「給与が高い」と「休日が多い」を非常に重視していると回答した人の比率は、20歳代が全年齢層の中で最も高く、それぞれ47.1%、41.2%となりました。他の年代に比べて、給与や休日を重視する傾向が高いと言えます。

【図表② 転職先企業を決める際に重視する条件(20歳代)】n=17 転職先企業を決める際に重視する条件(20歳代)

30歳代は「会社の雰囲気・人間関係」を非常に重視する人の比率が最も高い

30歳代の回答結果をまとめると、非常に重視すると回答した人の比率が最も高いのは「会社の雰囲気・人間関係が良い」(48.3%)であり、次いで、「勤務地が自分の希望に合っている」、「建設技術者としてのスキルを向上させることができる」がともに46.6%になっています(=図表③)。
一方、「給与が高い」を非常に重視する人の比率は37.9%であり、20歳代の47.1%と比較すると低くなっています。

【図表③ 転職先企業を決める際に重視する条件(30歳代)】n=58 転職先企業を決める際に重視する条件(30歳代)

40歳代も「会社の雰囲気・人間関係」を非常に重視する人の比率が最も高い

40歳代における、転職先企業を決める時に重視する条件についての回答結果をまとめると、非常に重視すると回答した人の比率が最も高いのは、30歳代と同じく「会社の雰囲気・人間関係が良い」(53.3%)であり、以下、「勤務地が自分の希望に合っている」(52.2%)、「会社の経営が安定している」(47.8%)と続いています(=図表④)。

【図表④ 転職先企業を決める際に重視する条件(40歳代)】n=92 転職先企業を決める際に重視する条件(40歳代)

50歳代は「勤務地」を非常に重視する人の比率が最も高い

50歳代の回答結果をまとめると、非常に重視すると回答した人の比率が最も高いのは「勤務地が自分の希望に合っている」(50.0%)となりました。以下、「今までの経験、スキル、保有している資格等を活かせる」(48.6%)、「会社の雰囲気・人間関係が良い」(45.8%)などと続いています(=図表⑤)。

【図表⑤ 転職先企業を決める際に重視する条件(50歳代)】n=72 転職先企業を決める際に重視する条件(50歳代)

60歳代も「勤務地」を非常に重視する人の比率が最も高い

60歳代の回答結果をまとめると、非常に重視すると回答した人の比率が最も高いのは50歳代と同様に、「勤務地が自分の希望に合っている」(58.3%)となり、2位よりも20ポイント近く上回っています。以下は、「やりがいのある仕事ができる」(38.9%)、「今までの経験、スキル、保有している資格等を活かせる」(36.1%)と続いています(=図表⑥)。

【図表④ 転職先企業を決める際に重視する条件(60歳代)】n=36 転職先企業を決める際に重視する条件(60歳代)

<調査概要> 調査期間:2018年5月~6月
調査対象:ヒューマンタッチに登録し転職を希望している建設技術者
調査手法:インターネットによるアンケート調査
回収数:275人

本レポートのPDF版はこちら

<このレポートに関するお問い合わせ>
ヒューマンタッチ株式会社 ヒューマンタッチ総研担当
TEL:03-6846-9050 / E-mail:htsouken@athuman.com