調査・レポート

ヒューマンタッチ総研独自分析レポート(2018年8月31日 公開) 2019年3月期第1四半期決算から見る建設市場の動向 土木工事業と管工事業は好調も、ゼネコンと電気設備工事業は利益伸び悩み

ヒューマンタッチ総研は、総合工事業(ゼネコン)、土木工事業、電気設備工事業、管工事業の4業種に分けて、2019年3月期第1四半期決算から見る市場動向をまとめました。 対象は3月期決算で2018年3月期売上高の上位各10社です。

本件のポイント ≫ ・4業種別主要上場企業各10社の2019年3月期の第1四半期決算から見る市場動向をまとめた
・4業種ともに主要10社の合計売上高は前年同四半期を上回り、特に土木工事業と管工事業の好調ぶりが際立つ
・一方、ゼネコンと電気設備工事業は、売上高は好調も、利益面で厳しい結果に


<全体概況>
~土木工事業と管工事業は増収増益で好調。特に管工事業の好調ぶりが際立つ

各業種主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績をまとめると、4業種ともに売上高合計は前年同四半期を上回っています(=図表①)。土木工事業と管工事業は経常利益についても前年同四半期を上回っており、特に管工事業は経常利益が前年同四半期比128.7%と大幅増で、好調ぶりが際立っています。
一方、ゼネコンと電気設備工事業では、売上高は堅調ですが経常利益は前年同四半期を下回り、伸び悩んでいます。

【図表① 各業種主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績合計】 図表① 各業種主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績合計

<総合工事業(ゼネコン)>
~10社中5社が減収減益、利益面でやや厳しい結果に

 10社のうち5社が減収減益となり、利益面でやや厳しい決算になっています(=図表②)。
 ただし2019年3月期通期の業績予想では10社中6社が減益予想となっており、第1四半期での減益は織り込み済みと言えそうです。
 ※竹中工務店は非上場のため除いています

【図表②:ゼネコン主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績】 図表②:ゼネコン主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績 出所:各社の2019年3月期第1四半期決算短信より作成

<土木工事業>
~10社中6社が増収増益であり、好調な決算結果

10社のうち6社が増収増益となり、堅調な公共投資を背景に好調な決算となりました(=図表③)。

【表③:土木工事業主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績】 表③:土木工事業主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績 出所:各社の2019年3月期第1四半期決算短信より作成

<電気設備工事業>
~売上高堅調も、利益面では苦戦

増収増益3社、増収減益4社、減収減益3社となり、経常利益は10社中7社で前年同四半期を下回っており、利益面ではやや厳しい決算となっています(=図表④)。

【表④:電気設備工事業主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績】 表4:電気設備工事業主要10社の2018年3月期(連結)の実績と2019年3月期(連結)の業績予想 出所:各社の2019年3月期第1四半期決算短信より作成

<管工事業>
~10社中5社が増収増益で、好調な決算結果

5社が増収増益となっており、好調な決算結果となっています(=図表⑤)。

【表⑤:管工事業主要10社の2019年3月期の第1四半期決算(連結)の実績】 表5:管工事業主要10社の2018年3月期(連結)の実績と2019年3月期(連結)の業績予想 出所:各社の2019年3月期第1四半期決算短信より作成

ヒューマンタッチ総研所長・髙本和幸(ヒューマンタッチ代表取締役)のコメント

 2019年3月期第1四半期の主要建設関連企業の決算結果を見ると、土木工事業では10社中6社、管工事業では10社中5社が増収増益となっており、土木工事業と管工事業の好調さが際立っています。
 一方、ゼネコンと電気設備工事業では10社中7社で経常利益が前年同四半期を下回っており、利益面で厳しい決算結果になっています。
 今後の業績動向については、増加する工事量を確実に消化するための人材確保と、IoT等の活用による生産性向上の実現が大きなポイントになると思われます。
 今回の第1四半期決算で業績予想の修正を行った企業はなく、第2四半期における業績動向を注視したいと思います。

本レポートのPDF版はこちら

□関連リンク
用語解説


<このレポートに関するお問い合わせ>
ヒューマンタッチ株式会社 ヒューマンタッチ総研担当
TEL:03-6846-9050 / E-mail:ht@athuman.com