ヒューマンリソシア総研レポート(号外)(2021年8月31日 公開)

建設業関連6業種における2022年3月期第1四半期決算のまとめ 6業種中5業種で売上高は前期比でプラスとなるも、3業種で純利益が前年割れ

本件のポイント ≫ ・6業種別主要上場企業各10社の2022年3月期第1四半期決算から見る建設市場動向をまとめた
・6業種中5業種で売上高は前期比でプラスとなるも、3業種で純利益が前年割れとなる
・2021年3月期については、各業種ともに新型コロナウイルス感染症拡大による業績への影響が懸念されている

<総合工事業(ゼネコン)>
6社が増収、主要10社合計で売上高は前年同四半期比3.8%増となるも純利益は27.3%減で収益性は大幅に悪化

 増収増益2社、増収減益4社、減収減益4社となりました(図表①)。大手ゼネコン4社(鹿島建設、大林組、清水建設、大成建設)はいずれも増収ながら大幅な減益になっています。10社合計でみると、売上高は前年同四半期比3.8%増、営業利益は同33.5%減、経常利益は同29.8%減、純利益は同27.3%減となっており、売上高は確保するも収益性は前年同四半期よりも大幅に悪化しています。

 22年3⽉期の業績予想は10社すべてが増収となっていますが、純利益については6社が減益としています(図表②)。10社合計では売上高が前期比6.2%増、営業利益は同16.2%減、経常利益は同17.6%減、純利益は同18.5%減と二桁の減少となっており、業界全体としての収益性は大幅に悪化すると予想されています。

【図表① 総合工事業主要10社の2022年3月期第1四半期決算(連結)の実績】図表① 総合工事業主要10社の2021年3月期(連結)の実績 出所:各社の決算短信より作成

【図表② 総合工事業主要10社の2022年3月期(連結)の業績予想】図表② 総合工事業主要10社の2022年3月期(連結)の業績予想※「収益認識に関する会計基準」などを適用するため業績予想の対前期増減率を公表していない三井住友建設についても単純計算で対前期増減率を記載出所:各社の決算短信より作成

<土木工事業>
10社合計で売上高は前年同四半期を2.5%上回るも純利益は41.6%減となり、道路舗装工事業を中心に収益性は大幅に悪化

 増収増益4社、増収減益2社、減収減益3社となりました(図表③)。道路舗装工事業のNIPPO、前田道路、日本道路の3社が大幅な減益となっています。10社合計では売上高は前年同四半期比2.5%増と増収ですが、営業利益は同40.8%減、経常利益は同38.5%減、純利益は同41.6%減と収益性は大幅に悪化しています。

 22年3⽉期の業績予想は売上高については6社が増加すると予想していますが、純利益は9社が減益と予想しています(図表④)。10社合計では売上高は前期比2.9%の増加ですが、営業利益は同15.0%減、経常利益は同17.0%減、純利益は同21.0%減と大幅な減益予想となっています。

【図表③ ⼟⽊⼯事業主要 10 社の 2022年3月期第1四半期(連結)の実績】図表③ ⼟⽊⼯事業主要10社の2021年3⽉期(連結)の実績 出所:各社の決算短信より作成

【図表④ ⼟⽊⼯事業主要10社の2022年3⽉期(連結)の業績予想】図表④ ⼟⽊⼯事業主要10社の2022年3⽉期(連結)の業績予想※川田テクノロジーズは2022年3月期の期首より「収益認識に関する会計基準」を適用することを理由に、決算短信では第1四半期実績の前年同四半期増減率、通期業績予想の前期比増減率は記載されていません。
※10社合計では川田テクノロジーズも含めて前年同四半期増減率、前期比増減率を算出しています。
出所:各社の決算短信より作成

<電気・電気通信設備⼯事業>
電気通信工事業の大手3社の好業績が全体を底上げして増収増益の好調な決算となる

 増収増益3社、増収減益4社(増収赤字幅縮小を含む)、減収増益1社、減収減益1社となっています。協和エクシオ、コムシスホールディングス、ミライトホールディングスの電気通信設備工事大手の3社が大幅な増益になっています。10社合計をみると、売上高は前年同四半期比4.1%増、営業利益は同40.4%増、経常利益は同29.2%増、純利益は同28.4%となっており、電気通信設備工事業3社の大幅な増益が全体の収益性を押し上げて増収増益の好調な決算となっています。

 22年3⽉期の業績予想は売上高については6社が増収と予想していますが、純利益は8社が減益と予想しています。第1四半期は大幅な増収増益となった電気通信設備工事業3社も減益予想となっています。10社合計をみると、売上高は前期比0.2%減、営業利益は4.9%減、経常利益は5.5%減、純利益は9.0%減となっており、売上高はかろうじて前期並みを確保するが収益性は悪化すると予想されています。

【図表⑤ 電気・電気通信設備工事業主要10社の2022年3月期第1四半期(連結)の実績】図表⑤ 電気設備⼯事業主要 10 社の 2021 年 3 ⽉期(連結)の実績 出所:各社の決算短信より作成

【図表⑥ 電気・通信設備⼯事業主要10社の 2022 年3⽉期(連結)の業績予想】図表⑥ 電気・通信設備⼯事業主要10社の 2022 年3⽉期(連結)の業績予想※関電工は2022年3月期の期首より「収益認識に関する会計基準」を適用することを理由に、決算短信では第1四半期実績の売上高の前年同四半期増減率、通期業績予想の売上高の前期比増減率は記載されていません。
※10社合計では関電工も含めて前年同四半期増減率、前期比増減率を算出しています。
出所:各社の決算短信より作成

<管工事業>
主要10社合計で売上高は前年同四半期比0.8%減、純利益は7.2%増の堅調な決算

 増収増益4社(増収赤字幅縮小を含む)、増収減益2社、減収増益1社、減収減益3社(減収赤字幅拡大を含む)と、各社各様の決算結果となっています(図表⑦)。10社合計でみると、売上高が前年同四半期比0.8%減、営業利益は同27.0%増、経常利益は同37.2%増、純利益は7.2%増となっており、売上高は微減ながら収益性は改善した堅調な決算結果になっています。

 2

残り50%


<このレポートに関するお問い合わせ>
ヒューマンリソシア株式会社 ヒューマンリソシア総研担当
E-mail:hrsouken@athuman.com
最新調査レポートの配信登録はこちら


ログイン 会員登録 ×