建設・不動産業界の技術職・専門職の転職支援サイトなら建設転職ナビ

建設転職ナビ

0120-91-7565

通話無料 : 受付時間(月~金 9:00~20:00)

60秒で完了 無料転職支援サービス登録

準備から成功までの道のり STEP2

“転職して本当に良かった”と思える企業選びのポイント

STEP2-1 企業選びのポイント

就職活動と転職活動では企業の選び方が変わってきます。
年収や応募条件、今までのスキル・キャリアとの合致だけではく、転職して本当に良かったと思える企業選びのポイントをご紹介します。

<POINT1>転職理由から企業を選ぶ


あなたが転職をしようと思った理由を明確にしましょう。
現職でキャリアアップが望めないのであればキャリアアップ支援がある企業を、年収に不満があるのであれば年収、人間関係が理由であれば自由な社風など
業種・職種にとらわれず企業の特徴に目を向けましょう。
 
 
<POINT2>先入観にとらわれず、複数企業の情報収集をする


現在までのスキル・キャリアが活かせるのは、同業種だけとは限りません。
異業種であっても、新規立ち上げ部署などであなたの経験を求めている企業も多くあります。
ただし、新規プロジェクトの立ち上げメンバーなどの募集は、競合他社に察知されないよう一般的に公開されていない場合があるため、建設転職ナビの無料転職支援サービスに登録し、コンサルタントから公開されていない求人がないか直接情報収集をすると良いでしょう。
 
 
<POINT3>面接で企業を選ぶ


気になる企業が見つかったら躊躇せず応募してみましょう。
求人情報では得られない職場の雰囲気や、企業のビジョン、求めているスキルなどを聞くことができます。
応募時には気になる程度だった企業が、面接後、自身が求めていた企業だったということも少なくありません。

STEP2-2 業界・企業研究

転職を検討しはじめた理由や、今後のキャリアプランから転職活動における企業研究のポイントと情報収集する媒体の特徴をご紹介します。
業界・企業研究を入念にすることは、転職成功に近づくだけでなく、理想のキャリアプランを実現させることに繋がります。

業界・企業研究のポイント

<POINT1>転職理由とキャリアプランを明確にする。


仕事内容、社風、年収など自身が転職を検討しはじめた理由、キャリアプランを明確にすることで、自身が企業に求めることが具体的になり、志望動機に繋がる十分な企業研究が出来るようになります。

 

<POINT2>多くの媒体から情報を収集する。


新聞や、インターネットなど一つの媒体にこだわらず、書籍や雑誌、企業セミナーなど幅広く情報を収集することが大切です。

 

<POINT3>業界のトップ企業を研究する。


転職を希望する業界の動向を知るためには、そのトップ企業を研究することが効率的です。

 

<POINT4>競合他社の情報を収集する。


応募したい企業が決まったら、その競合企業も細かく分析することで、志望動機がより具体的になります。

 

<POINT5>情報はこまめにチェックする。


業界・企業情報は日々変化していきます。気になる企業があったら、その業界も含めてこまめに情報収集しましょう。

各媒体の特徴

情報収集のための方法をご紹介します。ひとつの媒体にこだわらず、広く情報収集をしましょう。

1.企業ホームページ


検討している企業のホームページは必ず確認しましょう。
会社概要、採用情報だけではなく、ニュースリリース、実績、主要取引先、株式公開企業であればIR情報も必ずチェックしましょう。決算報告書には、財務状況のほかにも将来のビジネスプランが書かれている場合があります。
 
 
2.求人サイト


求人サイトには転職希望者に会社の雰囲気や仕事が伝わりやすいようにまとめられています。
転職活動の第一歩としてチェックしておきましょう。
 
 
3.ニュースサイト


業界の動向をいち早くキャッチするのに適しています。株価ニュースと合わせて利用しましょう。
 
 
4.転職口コミサイト


元社員・現社員の生の声が寄せらせている口コミサイトには、求人サイトにはない企業の社風や昇給の仕組み、残業時間の実態等、現場の情報が集まっています。
ただし主観が多く入るため鵜呑みにするのは避けましょう。
 
 
5.新聞・業界紙


見出しの大きさや、内容の深さからそのニュースが社会・業界にとってどの程度重要性を持っているかがわかるのが新聞・業界誌の魅力です。
一般的に手に入りにくい業界誌は図書館で探してみましょう。
 
 
6.無料転職支援サービス


業界・企業に精通したキャリアコンサルタントだからこそ得られる、企業ホームページや求人サイトに掲載されていない情報が得られます。
また、自身では聞きにくい社内の情報も採用担当者からヒアリングすることも可能です。
 
 

<<STEP1 事前準備STEP3-1 履歴書必勝ガイド>>

建設業界に精通したコンサルタントが徹底サポート!!
今すぐサポートをご希望の方は
建設転職ナビにご登録ください