建設・不動産業界の技術職・専門職の転職支援サイトなら建設転職ナビ

建設転職ナビ

0120-91-7565

通話無料 : 受付時間(月~金 9:00~20:00)

60秒で完了 無料転職支援サービス登録

2級建築施工管理技士について

施工管理技士には「建築施工管理技士」「土木施工管理技士」「管工事施工管理技士」など全部で6種類があります。
今回は一般住宅をはじめとした、中小規模の建築工事に携わる2級建築施工管理技士の仕事内容についてご紹介します。

2級建築施工管理技士とは

2級建築施工管理技士とは建設現場における施工計画の作成、現場の工程管理や安全管理、品質管理などに必要な資格で、建設現場には欠かせない存在となっています。

1級建築施工管理技士と2級建築施工管理技士の違い

1級建築施工管理技士と2級建築施工管理技士の仕事内容には大きな違いはありませんが、扱うことのできる工事現場の規模が異なるため、就職先の選択肢や年収などに差が出ます。

1級建築施工管理技士は大規模な工事に関われますが、2級建築施工管理技士の場合は主に中小規模の建設工事を扱います。1級建築施工管理技士の方が資格取得は難しくなりますが、大規模な工事に関わりたい方やスキルアップ、年収アップを狙う方は1級建築施工管理技士を目指しても良いでしょう。

1級建築施工管理技士についてはこちら

2級建築施工管理技士になるメリット

主任技術者になれる

2級建築施工管理技士を取得すると建設現場において主任技術者になることが可能です。主任技術者になれば仕事の幅が広がりますし、責任感ある仕事を任せられることになります。やりがいを感じられることに加え、スキルアップにも繋がることでしょう。

また、主任技術者になると給料が上がる、一時金が支給される、資格手当がつくなど金銭面でのメリットもあり、年収アップを狙えます。

1級建築施工管理技士よりも取得しやすい

1級建築施工管理技士の資格を取得するためには一定の学歴や実務経験が必要となるのですが、その受験資格を満たせない方も多くいらっしゃいます。2級建築施工管理技士の受験資格は1級建築施工管理技士よりもハードルが低くなっていますので受験しやすく、1級建築施工管理技士よりも合格率が高いため資格取得しやすいでしょう。

1級建築施工管理技士の方が試験内容は難しく、合格率も低くなっていますので、まずは合格しやすい2級建築施工管理技士の資格取得を目指すことをオススメします。

2級建築施工管理技士の転職先

1級建築施工管理技士よりも工事現場の規模に制限がある2級建築施工管理技士ですが、建設工事現場で主任技術者として従事することができる2級建築施工管理技士には、建設会社や工務店、ハウスメーカーなど、様々な活躍の場があります。

建築施工管理技士の資格取得者が多く在籍する企業には、技術的能力の評価点が加算され、施工技術や管理能力が優れている建設会社だとアピールすることができるため、資格取得者のニーズは高くなっており、昇給や昇進にも期待ができます。

2級建築施工管理技士が建設業界で活躍できる場は実に様々ですが、以下では具体的な転職先として「建設会社」と「ハウスメーカー」をご紹介します。

建設会社

住宅など小規模な建造物を扱う建設会社、商業施設など大規模な建造物を扱う大手建設会社のどちらも建築施工管理技士を欲しているため、2級建築施工管理技士の資格を保有していれば転職で有利になります。

建設会社では工事が一定の規模を超えたら建築施工管理技士を保有する技術者を設置しなければならないのですが、ただでさえ人手不足が問題となっている建設業界では建築施工管理技士の資格取得者が少なくなってきています。

そのため、大手建設会社も中小規模の建設会社も資格保持者へのニーズは高まっているのです。

ハウスメーカー

戸建住宅やマンションを扱うハウスメーカーは、中小規模の建設工事を扱う2級建築施工管理技士にぴったりの転職先です。新築の建物を扱うことが多い企業ほど2級建築施工管理技士へのニーズが高いため、資格保有者は転職で有利になります。

少子化によって市場規模が縮小していく可能性はありますが、ハウスメーカーの業務は新築物件を建てるだけではありません。近年はリフォーム・リノベーション事業、海外事業などに注力しているハウスメーカーが増えているため、将来性がある業種と言えます。

ハウスメーカーによって得意分野などに差がありますので、しっかりと企業研究をしたうえで転職活動に臨みましょう。

ハウスメーカー大手4社の特徴はこちら

2級建築施工管理技士の仕事内容と制限

仕事内容

建築施工管理技士は建設現場において、施工計画を作成し、現場の工程管理や安全管理、品質管理など、工事全体の進行の管理、監督を行います。他にも、発注者との打ち合わせをはじめ、現場の技術者や職人の監督、指導、資材の発注、予算管理など、仕事内容は多岐にわたります。

2級建築施工管理技士と1級建築施工管理技士では、仕事内容に大きな違いはありませんが、扱うことのできる工事現場の規模に制限があります。

1級建築施工管理技士の方が活躍の場は多く、需要もあります。そのため、建築施工管理技士の平均年収は400~600万円となっていますが、1級建築施工管理技士と2級建築施工管理技士では月収に5~15万円ほど差が出てきます。

職場の制限

1級建築施工管理技士の場合、主任技術者・監理技術者になる事が可能ですが、2級建築施工管理技士は監理技術者にはなることは出来ず、主任技術者までの資格になります。

2020年6月現在、請負代金額が4,000万円以上の建設現場には、監理技術者の専任配置が義務付けられています。つまり、2級建築施工管理技士は4,000万円以上の規模の大きい建設現場を監理技術者として担当することはできないということになります。

1級建築施工管理技士の場合は管理できる工事の規模に上限がないため超高層マンションや大型ショッピングモール、公共施設等、大規模な工事に関わることができ、2級建築施工管理技士の場合は主に中小規模の建設工事を扱うことになります。

業務の制限

1級建築施工管理技士は、扱うことの出来る建設現場に制限がない様に、担当する業務も制限はありません。

2級建築施工管理技士の場合は、資格が「建築」「躯体」「仕上げ」の3つに分かれており、それぞれの資格の有無で担当する事が出来る業務に制限が発生します。1級建築施工管理技士の資格があれば、この区分は適用されないため全ての業務を担当することが出来ますが、2級建築施工管理技士の場合でも、3つ全ての資格を保有することで、区分による制限を受けることなくすべての業務を担当することが可能になります。

《 建築 》

建築資格は「建築一式工事」に関する資格です。
建築一式工事とは、大工工事や内装工事、電気工事など、専門工事が二つ以上必要な工事を指します。建築資格の保有により、建築工事の業務を担当する事が可能になります。

《 躯体 》

躯体資格は、主に建造物の基礎となる部分である、構造部分に関する工事についての資格です。躯体資格の保有により下記の業務を担当できるようになります。

・大工工事
・とび・土工・コンクリート
・タイル・レンガ・ブロック工事
・鋼構造物工事
・鉄筋工事

《 仕上げ 》

仕上げ資格は建造物の構造以外の部分である、内装や外装といった工事に関する資格です。仕上げの資格保有により可能になる業務は下記になります。

・大工工事
・左官工事
・石工事
・屋根工事
・タイル・レンガ・ブロック工事
・ガラス工事
・塗装工事
・防水工事
・内装仕上工事
・熱絶縁工事
・建具工事

2級建築施工管理技士の求人はこちら 無料転職支援サービス登録はこちら

2020年度 2級建築施工管理技士の試験情報

当初発表されていた2級建築施工管理技士の試験内容と2020年度の日程は次のとおりでしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、前期学科試験の中止が発表されています。なお、2020年5月現在、後期試験は予定通りの日程で実施する予定とされています。

受験資格

学科試験:試験実施年度において満17歳以上となる方
実地試験:最終学歴および受験種別により必要な実地経験年数が異なります

試験内容

◆学科試験

4科目全50問、マークシート方式、四肢択一

1.建築学等【全17問/選択問題・必須問題あり】
2.施工管理法【全10問/必須問題】
3.法規【全8問/選択問題】
4.施工【全15問/選択問題】

◆実地試験

全5問、記述式

1.経験記述【全1問、必須問題】
2.施工用語や法規に関する問題【全4問、必須問題】

難易度・合格率

2級建築施工管理技士試験の合格率は30%未満となっています。誰でも合格するような試験ではありませんが、前もってしっかり試験対策をして臨めば決して難しくはありません。

マークシート方式の学科試験に比べると記述式の実地試験の方が合格率は少し低くなる傾向にありますので、記述対策にも力を入れることが大切です。

【参考】平成30年度、令和元年度の合格率

・平成30年度

学科試験…受験者数28,888人のうち合格者7,495人【合格率25.9%】
実地試験…受験者数24,131人のうち合格者6,084人【合格率25.2%】

・令和元年度

学科試験…受験者数17,675人のうち合格者5,139人【合格率29.1%】
実地試験…受験者数22,663人のうち合格者6,134人【合格率27.1%】

過去問

◆学科試験

学科試験では「建築学等」、「法規」、「施工管理法」、「施工」の4区分から50問が出題され、そのうち必須問題と選択問題あわせて40問を解答します。

2級建築施工管理技士の学科試験の出段範囲は「広く浅い」という特徴がありますので、まんべんなく勉強しておく必要があります。

基本的には過去問と似たような問題が多いのですが、近年は過去問にないようなものが出題されることもあるため、合格基準点である正答率60%ギリギリを狙うのではなく、余裕をもつことが大切です。

区分 細分 3種別共通問題 解答区分
出題数 解答数
建築学等 環境工学 3 14 9 選択問題
一般構造 4
構造力学 3
建築材料 4
設備その他 3 3 必須問題
法規 建築基準法 2 8 6 選択問題
建設業法 2
労働基準法 1
労働安全衛生法 1
建設リサイクル法 2
施工 施工全般 15 12 選択問題
施工管理法 施工計画 3 10 10 必須問題
工程管理 2
品質管理 3
安全管理 2
合計 50 40

例えば、「設備その他」からは以下のようなものが出題されています。

[No.17]空気調和設備に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1.単一ダクト方式におけるCAV方式は、室内に吹き出す風量が一定であり、室内環境を一定に保つことができる。
2.二重ダクト方式は、別々の部屋で同時に冷房と暖房を行うことができる。
3.パッケージユニット方式は、熱源機器でつくられた冷水や温水を各室のパッケージユニットに供給し、冷風や温風が吹き出るようにしたものである。
4.各階ユニット方式は、各階ごとに空調機を分散設置して空調を行う方式で、各階ごとの負荷変動に対応できる。

→解答:3

令和元年度2 級建築施工管理技術検定試験 (後期)より

 

◆実地試験

実地試験では「施工経験記述」、「施工用語」、「工程管理」、「施工技術」、「法規」の5区分から1問ずつ出題され、全問記述形式で解答します。共通問題と「建築」「躯体」「仕上げ」の受験種別ごとの専門問題がありますので、過去問で傾向を掴み対策しておきましょう。

近年は、「工程管理」ではバーチャート工程表の判読問題、「法規」では建設業法や建築基準法、労働安全衛生法、建設リサイクル法などが出題される傾向にあります。

区分 出題数 解答数 解答区分
施工経験記述 1 1 必須問題
施工用語 1 1
工程管理 1 1
施工技術 1 1
法規 1 1
合計 5 5

例えば、「施工用語」からは以下のようなものが出題されています。

[問題2]次の建築工事に関する用語a.からn.のうちから 5つ選び、その用語の説明施工上留意すべきことを具体的に記述しなさい。

ただし、a.及びn.以外の用語については、作業上の安全に関する記述は不可とする。また、使用資機材に不良品はないものとする。

用語
a.足場の手すり先行工法
b.型枠のセパレータ
c.軽量鉄骨壁下地のスペーサー
d.鋼矢板
e.コンクリートのスランプ
f.セルフレベリング材工法
g.鉄筋工事のスペーサー
h.内壁タイルの接着剤張り工法
i.被覆アーク溶接
j.防水工事の脱気装置
k.木工事の大引き
l.木造住宅の気密シート
m.ルーフドレン
n.陸墨

令和元年度 2級建築施工管理技術検定試験より

資格を活かした転職は建設転職ナビにお任せください!

2級建築施工管理技士は1級建築施工管理技士と比べてしまうと、様々な制限があるように見えますが、2級建築施工管理技士も十分に活躍の場があります。

最近は、建築需要の高まりに伴い建築施工管理技士の需要も高まっており、2級建築施工管理技士の資格の保有は、非常に転職に有利になる国家資格です。

また、最終的に1級建築施工管理技士を目指す場合も、有利に試験を突破する為に、ぜひ取得したい資格ですね。そうはいっても、2級建築施工管理技士試験も合格率が30%未満と相応に難しい試験ですので、1級取得へのステップとは考えずしっかり準備をして臨みたいものです。

資格を活かして、より活躍できる舞台をお求めの方は、建設転職ナビの無料転職支援サービスをご利用ください。
あなたの希望や意向をもとに、最も活躍できる企業をご提案致します。

2級建築施工管理技士の求人はこちら 無料転職支援サービス登録はこちら

close

求人応募をご利用するには無料転職支援サービス登録が必要になります。

無料転職支援サービス登録がまだの求職者様は「無料転職支援サービス登録」ボタンを
クリックし登録を行い応募ください。
すでに登録済の方はログインボタンをクリックし応募ください。

  • すでに登録済みの方

    ログイン
  • 無料転職支援サービス登録がまだの方

    簡単60秒 無料会員登録

建築施工管理のおすすめ求人情報

おすすめ一覧

    \ 転職をお考えの方はこちらからカンタン登録 /

    無料転職支援サービスとは

    無料転職支援サービスとは

    建設業界に精通したコンサルタントが徹底サポート!!
    今すぐサポートをご希望の方は
    建設転職ナビにご登録ください

    職種で検索

    資格で検索

    都道府県で検索